EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

身体症状を評価できてますか?|フィジカルサインを見逃さない方法とは?

皆さんはリハビリ現場で急激な体調変化を起こされた方を目にしたことはありますか? 反応が鈍くなった けいれん発作を起こした チアノーゼ症状が出現した 様々なフィジカルアセスメントは、 患者様の状態を知らせてくれる大切な役割を担っています。 上記の…

神秘的な東洋の運動療法「ヨガ」 東洋医学と西洋医学の共通点とは?

医学には大きく分けると西洋医学と東洋医学があります。 我々、理学療法士や作業療法士はいわゆる西洋医学になりますので 中には東洋医学に対して懐疑的な方もいると思います。 確かにまだまだ西洋医学的なエビデンスはわかっていない部分も多いですが、それ…

夏バテで食欲がない患者様のためにあなたが栄養学を学んでみよう

意外?胃が痛いと腰も痛い|胃痛と腰痛の関係とがん性腰痛との違いとは?

胃が痛いと腰も一緒に痛くなる そんな時ありませんか? 実は胃痛と腰痛は非常に深い関係があるんです。 そこには「関連痛」というキーワードがあります。 今回は胃痛と腰痛の関係を様々な角度から紹介していきます。 あなたの臨床のヒントになれば嬉しいです…

長期臥床に伴う廃用症候群は健常者でも出現する|NASAの研究結果もご紹介

ヒトの身体は常に重力という刺激にさらされています。 この刺激が無ければ退化していくということを知っていますか? ベッドから起きる 座る 立って歩く 走る これらはごく当たり前のような動作に見えますが 重力に抗して活動をしているため、重力に抗して身…

寝返り動作に必要な頭部挙上と支持基底面の関係性とは

外反母趾に悩むあなたへ|足部のケアに必要なストレッチの技術を学ぼう

認知症患者様の転倒を防ぐための二重課題運動や異常行動の抑制

患者様の転倒の原因は様々です。 筋力や柔軟性などといった運動器の問題で転倒リスクが高くなる人もいますが 認知機能の低下による転倒も多く、認知症の方では特に転倒のリスクが高くなります。 その原因に二重課題の困難というものがあります。 そこで今回…

患者様が自主トレをしてくれなくて悩んでいるセラピストはこれを読むべき

先日、整体院にヘルニアを患ってずっと腰痛に悩まされてきた 患者様がお越しになられました。 腰が痛くて長時間座っていられることができない、と話されていました。 若い頃からつらい症状があり、10代のころにヘルニアを発症したというのです。 ヘルニアと…

リハビリ職種が学ぶべき脳画像の読影と評価とは

あなたは脳画像をしっかりと読影して評価することができますか? 私達セラピストは診断することはできませんが、 どの脳の部位に障害が起こっていて、 その部位の支配領域を理解していれば 自ずと症状を理解することができるようになります。 症状を理解する…

正座でなぜ足がしびれるのか?その理由について解説してみます

リハビリ職種が知っておくべき転倒予防に必要なステップ反応とは

セラピストが覚えておくべき2つの運動負荷設定方法とは?

訪問リハビリでは患者様のご自宅にお伺いする際に、 マンションの高層階にお伺いするということがあります。 その時にちょっとした運動を兼ねて階段を使って上り下りをすることもあります。 訪問リハビリではほとんど車やバイクで移動することが多いため こ…

アナトミートレインと東洋医学の共通点を利用したアプローチ法のメリットとは?

理学療法士・作業療法士はどのようにリハ栄養に関わるべきか

車はガソリンがなければ走りません。 人間も消費するカロリーがなければ いくらリハビリを行っても筋力がつくはずはありません。 特に病院では身体のためを思って、用意されているはずの食事が 実はカロリー不足で病院で飢餓状態に陥ってしまうということは…