EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

セミナー事業部

リハビリテーションセミナー

脊柱管狭窄症の危険はあなたの身近に迫っていますよ。

先日、本村先生による頭頚部の触診セミナーを開催しました。 その中で脊柱管狭窄症についての講義があったのですが 少し興味があったので調べてみました。 リハビリ分野で活躍されている先生方にとっては 脊柱管狭窄症はありふれた症例ではないでしょうか? …

塩分摂取が夏バテ防止のカギ 過剰な水分摂取に注意!

誰もが知っているように、水分を十分にとることは健康維持に大切。 でも、間違った水分のとり方で逆に体にダメージを与えることもあります。 女性の気になる、むくみ、冷え、過度な汗や、 便秘や下痢といった胃腸の働きの低下など、 水の摂取に関連して起こ…

最新の医療技術がリハビリを支える HALという歩行介助機器とは?

HALというアシストスーツが発売されて9年の年月が流れました。 見た目はいわゆる2足歩行用ロボットや産業用ロボットと違い、どちらかと言えば、義肢や装具を思わせるものです。 それが臨床の中で今どのようになってきているのか。 生の声を踏まえて書いて…

寝たきりは拘縮だけじゃなく〇〇も失っています

皆様も廃用症候群については多くの患者様を担当されているので、 今日はちょっとした面白い研究をご紹介します。 これは2005年に海外で行われた60日間寝たきりで過ごすと身体はどのような状態になるのかという研究結果です。 要は無重力の環境下で生活するこ…

寝ているのに疲れが取れないのは〇〇に原因がある

理想の睡眠時間は個人によって異なり、性別や年齢、体調、季節によって変動します。 朝スッキリと目覚め、日中は眠気がなく過ごせる状態が実現出来れば、 たとえ睡眠時間が3時間や5時間であってもいいのです。

認知症を予防するためには〇〇を残す努力をしましょう

今日は8020運動で何が予防できるかという話になりますが、 もちろん食生活を保存するということもそうですが、 歯を失うことでリスクが高まる病気には「認知症」も含まれるということをご存じですか? そして、歯を失う原因の1位は、むし歯ではなく歯周病だ…

車椅子での食事は不摂取を助長していると知っていますか?

医療従事者であれば誰もが食事の重要性については理解されていると思います。 以前もどこかで書いたかもしれませんが、 食事は車で言うところのガソリンのようなものなのです。 車もガソリンを入れないと走りませんよね? 重要なエネルギーを摂取する食事行…

健康に良い食料は◯◯されていないものです。

皆さんは健康に気遣っていますか? 食生活や毎日の食事の中で野菜やビタミン錠剤を摂取して 自分の体を調整されている方もおられるでしょう。 しかしながら先日驚きの記事を発見してしまいました。 実は、生の果物をそのまま食べるのは健康に良いが、果汁100…

脱水症状になったら水じゃ足りない。〇〇を摂取して

仕事に熱中していると 頭がぼーっとなるということはありませんか? 特に屋内での仕事をされている方は特に 水分摂取をおろそかにするという傾向にあります。 屋外で働いていれば、汗もかくしのどの渇きもすぐわかるのですが 意外と屋内での空調を調整されて…

痛みのメカニズムは◯◯が大きく関与していた

前回、私がどのような経験から「痛み」と向き合うようになったかをお伝えしました。 blog.ep-och.com 今回は、痛みを調整するメカニズムについて少しお伝えできればと思います。 《目次》 痛みの訴えにムラがあるのは気持ちのせい・・? 下降性疼痛抑制系 ド…

熱中症予防のための水分補給には〇〇がおすすめ

少し遅かった梅雨が明けてから、気温は右肩上がり。 この暑さにバテてしまっている方も多いのではないでしょうか? 気象庁の予報によるとこの夏は平年より気温が高くなるとのこと。 8月上旬に気温が最高になり、その後8月末まで、あまり気温は下がりません。…

インフルエンザは夏にも要注意! 〇〇を徹底しよう

「インフルエンザが流行しています」 というニュースが流れると、今年も冬がやってきたなぁというイメージがありませんか? しかしながら最近は夏のインフルエンザも流行するようになってきています。 そんな馬鹿なことがと思って調べてみると、意外と夏のイ…

糖尿病予防に三大〇〇を覚えよう 30代から身体を変える

先日糖尿病になる可能性のあるBMI指数が発表されました。 www.dm-net.co.jp 記事によると青年期のBMIが22以上あると 将来の糖尿病の発症リスクが高まることが、 順天堂大学の研究グループの調査で明らかになったとのことです。 あなたの今のBMI指数はいくつ…

リハビリには〇〇が必要です 体内のガソリンとは何か?

リハビリを行う上で必要なものは、 食事と意欲!これに尽きます。 車もガソリンがなければ走りません。 人間も消費するカロリーがなければ いくらリハビリを行っても筋力がつくはずはありません。 適切なカロリーを摂取するように心がけていきましょう。 本…

痩せたいなら〇〇が必須!運動の方法をメカニズムしよう

これから夏に向けて腹を露出する機会は増えてきます。 そんな時にあと少し、身体を絞りたい、そんな思いがある方もおられるでしょう。 先日テレビを見ていると、1か月で10キロ落とすと100万円というテレビ企画が開催されるというCMが流れていました。 あの春…

脱水症状には〇〇を積極的に取るようにして!

先日、リハビリ中にぼーっとすることがありました。 その日は朝から水分をほとんど取っていなかったためか 脱水症状になってしまったのですね。 リハビリは基本的に屋内で行う仕事で、汗をかいてるなという認識が乏しいことが多くあります。 屋外で働いてい…

歩行効率UPには【こわさ】&【やわさ】!!

※さぬき弁…こわさ=硬さ、やわさ=柔らかさ 歩行に筋力は必要? 解剖学的解釈=こわさ+やわさ SSCって? 歩行に筋力は必要? いつもご覧いただきありがとうございます。 セミナー事業部 四国地区担当の中山です。 4月末に四国地区でご好評いただきました…

高齢者の健康維持にはヨガが最適と注目が集まる

最近では、様々な形態・様々な場所でヨガ教室が開催されています。 例えば、地域センター、公民館でご近所の方に教えたり、 施設において「入居者」「介護スタッフ」のために教室が開催されたり、 デイサービスなどでもヨガ教室が開催されるなど、 多様なス…

皮膚と筋膜の触り分け!!

皮膚の癒着は手の表裏で確認!? いつもご覧いただきありがとうございます。 セミナー事業部 四国地区担当の中山です。 今週末7月28日(日)の四国地区での『ハンドリング』のセミナーまで、いよいよ1週間を切りました。 http://seminar.ep-och.com/seminar/12…

肘の内側側副じん帯損傷を考える。

野球選手がよく手術する右肘の内側側副靱帯とは? 右肘の内側側副靱帯の再建術と聞いて、いまいちピンと来ないセラピストも多いのではないだろうか。 急性期病院で割とスポーツ外傷を見るセラピストなら、術後の患者様で対応することはあるかもしれないが、…

猫背を改善したいあなた必見!その方法とは?

「私猫背ですぐ肩こるんです」 そう言われて整体院にお越しになられるお客様が後を絶ちません。 確かに脊柱の湾曲が増強することで起こる猫背は 体幹の問題を改善しなければいけませんが 本当に体幹だけが問題なのでしょうか?? よく言われる良い姿勢とはど…

運動時の諸症状に気を配ろう~患者様を守るために必要なことは?~

リハビリ現場では毎日様々な患者様がリハビリを行っています。 運動療法はすべての患者様に実施していると思いますが 心負荷をかけていくと身体に様々な症状が現れます。 そんな中でも ・反応が鈍くなった ・けいれん発作を起こした ・チアノーゼ症状が出現…

ストレスが腰痛を引き起こすという考え方を知ってほしい

医者の不養生と並べて考えられる医療従事者の腰痛が 最近は過負荷によって起こる腰痛ではなくなってきています。 その名も「ストレス性腰痛」 心理的ストレスが脳機能の不具合を誘引し、 その結果、「身体化」が起こります。 「身体化」とは、いわゆる身体に…

あなたも話し方ひとつで人気者になれる!!

優れた技術を持っていても、それを快く受け取っていただけなければ、 その効果は体験してもらえません。 求めてこられる患者様は目標や意欲を見失ってしまっています。 いかにその意欲を高めることができるのかは あなたの話術一つにかかっています。 リハビ…

運動負荷量はフィジカルアセスメントを徹底的に理解した上で決定しよう

心臓と呼吸は表裏一体! 基礎から学べるから新人でもわかりやすい 愛知医科大学の岸川典明先生による実技指導! 呼吸器リハでも心リハでも重要なのは、 リスクぎりぎりのラインを見極めること、 フィジカルアセスメントをしっかり理解することではないでしょ…

疲労回復のためにしておきたい3つのこと

人間は年齢を重ねていくと必ず細胞分裂や新陳代謝が遅くなり、疲労しやすくなると言われています。 疲労と老化の減少は、殆ど同じであるということも言われています。 例えば、自転車のチェーン。 少し錆がついていても、走行することはできますね。 この状…

『肺炎はあなたが予防する』下側肺障害を考える

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 エポックセミナー事業部の久保田です。 長期臥床になると、下側肺障害を起こしますよね。 それについて、あなたはどのようなアプローチをしていますか?? 長期臥床が呼吸系に及ぼす影響とは? このブログで…

便秘の解消は企業の急務!?労働生産性を上げたいなら便秘解消に努めよう

便秘の人は、便秘でない人よりも欠勤が多く、 経済的損失は年間約122万円に相当する――。 そんな推計を兵庫医科大学などの研究チームがまとめた文献が5月にあった、米国消化器病学会で発表されました。 便秘にはいくつかの種類があり、その原因がはっきり…

このセミナーでは股関節術後疾患の治療を基礎から学べます

デュシャンヌ歩行やトレンデレンブルグ徴候は本当に「筋力が原因?」 変形性股関節症の術前評価は術後の予後にも影響します。 講師は整形外科リハビリテーション学会で活躍中の講師!! さて、今回は7月に開催予定の 【股関節疾患・外傷の術後荷重困難に対す…

医師による手術過程の説明セミナーが人気です

あなたは股関節頚部骨折や、人口膝関節置換術などオペ見学に入ったことはありますか? 解剖学の教科書では、確かに全体的な解剖は見ることができますが 癒着や軟部組織の変性については、詳しく書かれた書物は少ないのが現状です。 関節や軟部組織の癒着は、…