EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

セミナー事業部

リハビリテーションセミナー

肘の内側側副じん帯損傷を考える。

野球選手がよく手術する右肘の内側側副靱帯とは? 右肘の内側側副靱帯の再建術と聞いて、いまいちピンと来ないセラピストも多いのではないだろうか。 急性期病院で割とスポーツ外傷を見るセラピストなら、術後の患者様で対応することはあるかもしれないが、…

猫背を改善したいあなた必見!その方法とは?

「私猫背ですぐ肩こるんです」 そう言われて整体院にお越しになられるお客様が後を絶ちません。 確かに脊柱の湾曲が増強することで起こる猫背は 体幹の問題を改善しなければいけませんが 本当に体幹だけが問題なのでしょうか?? よく言われる良い姿勢とはど…

運動時の諸症状に気を配ろう~患者様を守るために必要なことは?~

リハビリ現場では毎日様々な患者様がリハビリを行っています。 運動療法はすべての患者様に実施していると思いますが 心負荷をかけていくと身体に様々な症状が現れます。 そんな中でも ・反応が鈍くなった ・けいれん発作を起こした ・チアノーゼ症状が出現…

ストレスが腰痛を引き起こすという考え方を知ってほしい

医者の不養生と並べて考えられる医療従事者の腰痛が 最近は過負荷によって起こる腰痛ではなくなってきています。 その名も「ストレス性腰痛」 心理的ストレスが脳機能の不具合を誘引し、 その結果、「身体化」が起こります。 「身体化」とは、いわゆる身体に…

あなたも話し方ひとつで人気者になれる!!

優れた技術を持っていても、それを快く受け取っていただけなければ、 その効果は体験してもらえません。 求めてこられる患者様は目標や意欲を見失ってしまっています。 いかにその意欲を高めることができるのかは あなたの話術一つにかかっています。 リハビ…

運動負荷量はフィジカルアセスメントを徹底的に理解した上で決定しよう

心臓と呼吸は表裏一体! 基礎から学べるから新人でもわかりやすい 愛知医科大学の岸川典明先生による実技指導! 呼吸器リハでも心リハでも重要なのは、 リスクぎりぎりのラインを見極めること、 フィジカルアセスメントをしっかり理解することではないでしょ…

疲労回復のためにしておきたい3つのこと

人間は年齢を重ねていくと必ず細胞分裂や新陳代謝が遅くなり、疲労しやすくなると言われています。 疲労と老化の減少は、殆ど同じであるということも言われています。 例えば、自転車のチェーン。 少し錆がついていても、走行することはできますね。 この状…

『肺炎はあなたが予防する』下側肺障害を考える

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 エポックセミナー事業部の久保田です。 長期臥床になると、下側肺障害を起こしますよね。 それについて、あなたはどのようなアプローチをしていますか?? 長期臥床が呼吸系に及ぼす影響とは? このブログで…

便秘の解消は企業の急務!?労働生産性を上げたいなら便秘解消に努めよう

便秘の人は、便秘でない人よりも欠勤が多く、 経済的損失は年間約122万円に相当する――。 そんな推計を兵庫医科大学などの研究チームがまとめた文献が5月にあった、米国消化器病学会で発表されました。 便秘にはいくつかの種類があり、その原因がはっきり…

このセミナーでは股関節術後疾患の治療を基礎から学べます

デュシャンヌ歩行やトレンデレンブルグ徴候は本当に「筋力が原因?」 変形性股関節症の術前評価は術後の予後にも影響します。 講師は整形外科リハビリテーション学会で活躍中の講師!! さて、今回は7月に開催予定の 【股関節疾患・外傷の術後荷重困難に対す…

医師による手術過程の説明セミナーが人気です

あなたは股関節頚部骨折や、人口膝関節置換術などオペ見学に入ったことはありますか? 解剖学の教科書では、確かに全体的な解剖は見ることができますが 癒着や軟部組織の変性については、詳しく書かれた書物は少ないのが現状です。 関節や軟部組織の癒着は、…

『笑い』それは薬よりも効果的なクスリだった

薬をどれだけ飲んでも、あまり効かないという方はおられませんか?? そんなときは、くだらない漫才でも落語でもいい、笑いを求めてみてはどうでしょうか? 笑いは自分の免疫力を高める方法に繋がりますよ。

ついに今年も開催 おうち薬膳 食医養成講座 第6期

おうち薬膳 食医養成講座第6期が始まりました。まだおうち薬膳を学ぼうかと悩んでいる方おられませんか? この記事では、今までのQ&Aやおうち薬膳についての簡単な知識をまとめています。 受講を考えている方に必見です。

転倒リスクは理学療法士が徹底的に予防していこう

弊社の保険外訪問リハビリサービスも 新たな目標を立てながら利用者様と一緒に頑張っております。 最近は、非常に熱いですが屋外歩行も 天気が良ければどんどん行っております。 屋外になれば、風も吹きますし、車も通ります。 前から自転車や子どもたちが勢…

【理学療法】神経-筋の繋がりによる筋力向上のためには○○が使える?

神経ー筋の繋がりによる筋力向上のためには、○○が使える? 運動生理学で習った加重を臨床応用することで筋力向上の効果が現れます。 結果の出せるセラピストを目指している方には必見です。

ヨガの解剖学がとても面白い件

ヨガって難しいポーズを取ってるなと思いませんか? 確かにややこしいポーズを取っていることが多く見られますが 実は、身体にとって合理的な動きをしているのです。 体感して学ぶ ヨガの運動学: 体にやさしく効率的な動かし方 作者: 中村尚人 出版社/メーカ…

『生理学』を制する者は臨床を制する

臨床を理解するためには『解剖学』と『生理学』が重要だと 多くの講師陣が口をそろえて話しています。 生理学といえば、学生時代に頭に詰め込みましたよね? レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系とか、 各ホルモンの影響する先とか ずっと座学で眠か…

筋出力と筋力の違いを理解できれば治療は劇的に変わる?

臨床の中で、筋力増強運動はセラピストの介入の主要な手段として用いられるにも関わらず、 目的が明確になっていないことも少なくありません。 また、画一的な評価・治療に留まってしまっている場面も見かけられます。 結果としての『筋出力』の背景には、量…

この時期、気を付けたい脱水症状を学びましょう

最近、気温が高く、30度近くまで上昇するということが増えています。 そんな中、仕事に熱中していると 頭がぼーっとなるということはありませんか? 特に屋内での仕事をされている方は特に 水分摂取をおろそかにするという傾向にあります。 屋外で働いていれ…

寝れないあなたは枕を変えて安眠を取り戻せ!

日本人の睡眠時間は7時間40分で、 先進国の中で最も短いといわれています(2018年、OECD調査)。 だが、貴重な睡眠時間(とはいえそれは1日のうち4分の1以上だ)だからこそ、 しっかり寝れるようにしたいですよね? プロスポーツマンは、自分の安眠を獲得す…

今話題のドライマウスってどういう状態?

朝、起きたときお口の中がパサパサと乾いていることがありませんか? あるいはのどの奥まで乾燥していることも少なくありません。 そんな時は、水を飲む、もしくはうがいをすることで お口の中が自然に潤ってくると思います。 しかし、このパサパサの状態が…

生活習慣を見直そう。あなたのBMI指数は把握していますか?

あなたの今のBMI指数はいくつですか? 日本の糖尿病患者の平均BMIは23!? 糖尿病を防ぐためには・・・ 食生活が偏っている。 アルコールを普段からよく摂取する 自分の体形が気になる こんな悩みをお持ちの方はおられるでしょうか? 私は自分自身の体形が20…

一流のセラピストを真似てみる。それが成長のカギです。

先日、治療デモンストレーションのセミナーが 4月に開催予定ですというお話をブログに書きました。 6月に開催される森ノ宮病院の紀伊先生のセミナーも 大人気なため残席あとわずかです。 blog.ep-och.com そうするとそこから少しずつではありますが、 お申し…

映画「栞」を通じてセラピストの葛藤を共有しませんか?

先日、以前よりお世話になっている先生と食事をさせていただく機会がありました。 毎日忙しい臨床の中には、数々の喜びや悲しみが渦巻いており 日々、悩み、葛藤する日々ですと話されていたのがとても印象的でした。 リハビリ現場は、ドラマや映画で取り上げ…

体調を整えるために、ついに〇〇始めました。

最近、自分自身の身体の不調が立て続けに起こっております。 食欲不振や嘔気、関節の痛みなど おそらく体重増加が原因ではないかという症状ですね。 問題は不摂生ですw 夜間の飲食は身体によくない! ということで、自分自身の身体に危機感を感じたので、 ①…

【ここ重要!】身体が発するサインを見逃すな!

皆さんはリハビリ現場で急激な体調変化を起こされた方を目にしたことはありますか? ・反応が鈍くなった ・けいれん発作を起こした ・チアノーゼ症状が出現した 様々なフィジカルアセスメントは、 患者様の状態を知らせてくれる大切な役割を担っています。 …

身体に不調があるあなたが鍛えるべき筋肉はココだ!!

昨日、健康になりたいのであれば 有酸素運動と筋力強化をしましょうというブログを書きました。 blog.ep-och.com しかし、30歳を過ぎた頃から、徐々に「あれ?」っと思うことが増えてきました。 あなたはどうですか? blog.ep-och.com 先日、体のだるさを感…

脳卒中患者の歩行介助に悩んでいるあなたへ

若手のうちはどうしても脳卒中患者様の立位練習や歩行練習は わからないから、力いっぱい介助してしまう、 そんなことってありませんか? そうすると指先に力が入ってしまい 患者様の身体の状態を理解できないまま 動作練習を行い、余計な不安を与えてしまい…

「わからない」を理解することが、成長のカギ

これを読んでくださっている皆さんは技術を高めるために多くの勉強会に参加されていると思います。 その中で学んだ知識や技術は決して無駄になりません。 エポックセミナーでは年間60回以上のセミナーを開催しております。 その一つ一つのセミナー内容は皆…

体表に現れる兆候を見逃すな!~心不全で知っておきたい症状とは?~

今後、超高齢化社会に移行していく時代になり、 原疾患だけではなく、心疾患や呼吸器疾患を併発している患者様が増えてくるようになりました。 にもかかわらず、心臓リハビリテーションの知識を 徹底的に習得しようとするセラピストは まだまだ少ないのでは…