EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

メディカル整体院 SpAid

疲労回復に最適!息を吐くときもおなかを膨らませよう

どれだけ過酷なトレーニングをしても 次の日には疲れがスッキリと抜けている人を あなたは見たことがないですか? そういう人は総じて腹圧を高めるトレーニングを行っています。 最新スポーツ医学でも、疲労予防のカギとして注目されています。 疲れがたまっ…

冷えに勝つ秘訣は3つの首にあり!?

女性の天敵と言えば、冷えですよね。 なぜ冷え性が起こるのか? 冷え性に対する対策もお伝えします。 冷え性の原因とは? 冷え性は、 「普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、 全身や手足、下半身など体の一部や全身が冷えてつらい症状」 とされていま…

整体院に通う頻度はどれくらいがいいの?

整体院の患者様によく聞かれるのが 「どれくらい空けてきたらいいですか?」 「次はいつ来たらいいですか?」 ということです。 整体院に通う頻度は身体を治していくうえで とても重要です。 少なすぎると効果が持続しにくくまた元に戻る・痛みが再発してし…

美脚のためにはヒールをやめるべきです。

やっぱり女性と言えばヒール? 美脚=ヒールみたいな方程式ができてますよね。 しかし、ヒールを履くことで美脚から遠ざかってしまう場合もあるのです。 なんでヒールは足がきれいに見えるの? 「美脚」には一応黄金比率があります。 太もも:ふくらはぎ:足…

ダイエットにガードル・矯正ベルトは逆効果です

骨盤ガードルは、 身体の健康維持をサポートしてくれる女性用のアイテムです。 産後の女性のケアアイテムとして有名ですが、 ダイエット用として着用されている方も多くいらっしゃいます。 しかし、そんなあなたに忠告させて頂きたいと思います。 ガードルを…

運動前の準備運動は適切なストレッチを取り入れましょう

皆さんは運動前にしっかりとストレッチをしていますか? ストレッチとは身体を伸ばすだけではなく ウォーミングアップの要素も含んでいます。 ウォーミングアップとは 運動によるケガの防止や、主運動を行うための身体の準備、 その運動に対する能力を最大に…

睡眠不足はお肌ではなく肥満の敵だった。

あなたはストレスを感じると食事やお酒に走っていませんか? 「ストレス太り」という言葉をよく聞きますが、 本当にあるのでしょうか。 「ストレスが溜まって、ドカ食いしてしまう」など、 ストレスと肥満は関係ありそうに思えますが、ストレスはそもそも見…

座り仕事が多いとお尻が硬くなる?「デスクワーク尻」に注意!

人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。 もしあなたがなかなか治らない腰痛でお悩みなら、 お尻の筋肉=殿筋 に原因があるかもしれません。 腰痛の原因には様々なものがありますが、 ずっと座りっぱなし、立ちっぱなしなど長時間の同一姿勢や 運動不足な…

コーヒーがもたらす精神的な面への作用とは?

寝不足の時などにコーヒーを飲んで気合いをいれるという方は多いかもしれませんが、 ブラックコーヒーにはダイエット効果もあるってご存知でしたか? カフェインの効果といえば、 「覚醒作用」 は誰もが思い浮かぶと思います。 ですが、実は、このカフェイン…

バランスのよい食事とはどういうものなのか?

皆さんはお野菜をたくさん取りなさいと言われたことはありませんか? 確かに野菜類、特にごぼうやタケノコなどの根菜類、しいたけなどのキノコ類、 野菜や果物の皮などに、食物繊維は多く含まれます。 食物繊維は消化・吸収されずに腸まで届くため、腸内環境…

ヨガの効果にダイエットはあり?なし?

「ヨガをして痩せましょう!」 とか 「ヨガでダイエットしましょう!」 という謳い文句をよく見ます。 最近ではホットヨガのスタジオも増えて、 ダイエット目的にヨガを始める人も多いのではないでしょうか? 「でも本当にヨガをして痩せることができるの?…

酵素ダイエットはフルーツを摂るといいって知ってましたか?

WHO(世界保健機関)は、FAO(国連食糧農業機関)と共に、 糖尿病・心疾患・がん・肥満予防のために、 また途上国では微量ミネラル欠乏の予防と緩和のために、 生フルーツと野菜(イモなどデンプン性野菜を除く)を合わせて、 毎日少なくとも400グラム以上摂…

デスクワークで肩が凝る貴方に。肩甲骨のストレッチにはワシのポーズを。

(※画像:ヨガジャーナルオンラインより) デスクワークの人の多くが悩まされているのが、肩・首のコリです。 マッサージや整体に行っても、 自分でゴリゴリ押してもなかなか効果を感じにくい、 という人も多いと思います。 今日はそんな肩こりにお悩みのデ…

腹筋は天然のコルセット!腰痛予防に腹筋はなぜ大切なのか?

「腰痛には腹筋と背筋を鍛えたほうがいい」 腰痛のアドバイスで、そう言われたことはありませんか? なぜ「腰痛予防=腹筋」なのでしょうか? いざ腹筋していたら逆に腰が痛くなった、 という話も多く聞きます。 腰痛予防のために腹筋は必要です。 が、方法…

痛みが強くなる!低気圧がもたらす体に変化とは?

医療系に携わっている方なら患者様がこのように話しているのを聞いたことがないですか? 「雨だから傷口がうずくんです」 あなたはいつもどのように感じておられますか?? 「ほんとかな?」 「どういう原理でそう感じるのかな?」 と疑問に思っていませんで…

腹筋をしたら腰痛になった!?整体院が教える筋トレの注意点

腰痛予防のために腹筋をしよう、 と思ったことはありますか? ヘルニアなどを指摘されていると、 医師の先生から 「腹筋を付けなさい」 と言われた人もいると思います。 しかし、いざ腹筋していたら逆に腰が痛くなった、 という話も多く聞きます。 腰痛予防…

腰痛による退職者が無くなった事業所があるって知っていますか?

あなたは知っていますか? 腰痛による離職者がいなくなったという軌跡の介護事業所の話を。 医療現場や介護現場で半分は腰痛と言われている現代に セルフメンテナンスは欠かせません。 「医者の不養生」 と並び称される(と言われているかどうかはわかりませ…

整体院で伊丹市プレミアム付き商品券を使ってみませんか?

伊丹市プレミアム付商品券ってご存知ですか? 伊丹市内の対象店舗で使える商品券なのですが、 1冊につき5,000円分(500円券×10枚)の商品券が付いており、 これを4,000円で購入することができます。 1人5冊までですが、世帯によってはさらに多く購入すること…

『痛み』は現場だけではなく〇〇でも起こっている?

『痛み』という症状を理解する際に、組織学的推論(どの組織が痛みを拾っているのか)・力学的推論(どういったメカニカルストレスが原因となっているのか)をベースにすることが多く、その部分をしっかり押さえておけば大丈夫であると考えていました。 目から鱗…

ダイエットに成功!そのメカニズムをご紹介!

あなたは脂肪を燃焼させるにはどのようなメカニズムで起こっているのか 理解していますか? たしかに食事量を減らすダイエットは、 即効性は期待できますが、 ストレスにもなり、長く続けることが難しくなります。 リバウンドをせずに健康的にやせるには運動…

腰痛を防ぐために今必要なことをしよう

医療現場や介護現場で半分は腰痛と言われている現代に セルフメンテナンスは欠かせません。 「医者の不養生」 と並び称される(と言われているかどうかはわかりませんが) 「セラピストの腰痛」 も、深刻な問題であると言わざるを得ません。 そんなとき、佐…

政府は在宅医療を推進したい。でも本当は?

厚生労働省は在宅でリハビリをという考え方を根付かせたい そういう考えがあるようです。 戦後すぐに多くの病院が新設され、日本は世界でも有数の医療大国になりました。 しかしながら、病床数に対しての医師不足は、結局改善されないまま今日まで来ています…

横隔膜を治療しよう。肩こり治療に新常識?

整体院で患者様の治療を担当させていただくと 決まって訴えは「肩こりが・・・」「腰痛が・・・」という方が 大半を占めています。 大人になり社会人になって、デスクワークや立ち仕事が多い中で 腰や肩に負担がかかるのは当たり前だと思います。 でも、昔は…

健康のためにしている毎日のウォーキングは本当にいいのか?

これまで健康によいと信じてきた歩き方が、実は「健康を害するもの」であったら、あなたはどう思いますか? 米ハーバード大学医学大学院のグループが行った研究で、 平均年齢72歳の高齢女性は、1日の歩数が4400歩程度でも、2700歩程度の人と比べて全死亡リス…

自律神経が乱れると便秘になりやすい、便秘がちなあなたへ

自律神経のバランスが崩れて体が悲鳴を上げているという人はいませんか? 特に女性に多い便秘は自律神経のバランスが崩れ 頻繁に起こることが多い症状の一つ。 この苦しい症状を少しでも和らげる方法をご紹介します。 ◯「の」の字マッサージ 便秘を放ってお…

揉み返しと好転反応

マッサージや整体に行って、揉み返しが起きてしまいかえって痛くなってしまった…という方もいらっしゃると思います。 それからもうマッサージが嫌になってしまったという方もいるかもしれません。 揉み返しとは、マッサージによって筋肉が傷ついた時の炎症に…

姿勢の崩れは本当にハムストリングスが原因か?

「最近若いころと比べて身体が動きにくくなってきた」 こう言ったことがある30代は少なからずいるだろう。 かくいう私も、最近体の衰えを感じていました。 昔は感じたことがなかった肩こりや腰の痛み、 ちょっとした距離のランニングでおこる息切れは当たり…

ラグビー観戦で気をつけよう!セラピストが教える脱水の兆候とは?

みなさんラグビーワールドカップは見てますか? 連日熱い試合が繰り広げられてますね。 ぜひ決勝トーナメントに出場してほしいものです。 頑張れニッポン!!! さて、屋外で動いていれば、汗もかくしのどの渇きもすぐわかるのですが 意外と屋内での空調を調…

揉み返しってどうして起こる??

マッサージや整体にいった後に、体がだるくなったり、揉まれた箇所が痛くなったことはありませんか? これは、筋肉に強い圧を加え過ぎた結果として起きる筋肉の炎症状態。 一般的に言われる「揉み返し」という現象です。 なぜ揉み返しは起こるのでしょうか?…

座りすぎの死亡リスクは最大40%増って知っていますか?

前日興味深い記事を見つけました。 それは、座りすぎにおける健康被害です。 座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、11時間以上だと40%増、ということがわかったということで…