EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

リハビリテーション事業部

姿勢の崩れは本当にハムストリングスが原因か?

「最近若いころと比べて身体が動きにくくなってきた」 こう言ったことがある30代は少なからずいるだろう。 かくいう私も、最近体の衰えを感じていました。 昔は感じたことがなかった肩こりや腰の痛み、 ちょっとした距離のランニングでおこる息切れは当たり…

ラグビー観戦で気をつけよう!セラピストが教える脱水の兆候とは?

みなさんラグビーワールドカップは見てますか? 連日熱い試合が繰り広げられてますね。 ぜひ決勝トーナメントに出場してほしいものです。 頑張れニッポン!!! さて、屋外で動いていれば、汗もかくしのどの渇きもすぐわかるのですが 意外と屋内での空調を調…

揉み返しってどうして起こる??

マッサージや整体にいった後に、体がだるくなったり、揉まれた箇所が痛くなったことはありませんか? これは、筋肉に強い圧を加え過ぎた結果として起きる筋肉の炎症状態。 一般的に言われる「揉み返し」という現象です。 なぜ揉み返しは起こるのでしょうか?…

誤嚥は理学療法士が予防する時代に突入しました

急性期術後の患者様やICUの病棟において、 絶対安静を強いられる患者様はどのような状況にさらされているか あなたは理解していますか? 絶対安静は 肺胞気酸素分圧の低下 肺内シャントの増加 動脈血酸素分圧の低下 機能的残気量の低下 下側肺障害 これらの…

座りすぎの死亡リスクは最大40%増って知っていますか?

前日興味深い記事を見つけました。 それは、座りすぎにおける健康被害です。 座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、11時間以上だと40%増、ということがわかったということで…

リハビリは諦めないことが一番大事

弊社の自費リハビリで、最近様々なお問い合わせをいただいております。 私達はケアマネと週一回必ず電話なり面会なりで 今の進捗を話し合う機会をいただいています。 やっぱりチーム医療は重要だなと思わずにはいられません。 特に終末期リハビリにおいて理…

疲れを取るなら湯船に入ろう〜効果的なデトックス法教えます〜

これを最後まで読んでくださっている皆さんは 今日からどれだけ忙しくても 湯船に入ろうと思ってくださると思います。 それだけ湯船は疲労回復に効果的なのだと あなたは知っていましたか? 30代を過ぎると仕事もだんだん忙しくなり、 ついつい効果的なデト…

なぜ、息が上がるのか?を生理学的に理解していますか?

これを読んでくださっている皆さんは、 理学療法士や作業療法士、はたまた柔道整復師や鍼灸師や看護師など 国家試験を通過してこられている方々なので 運動療法という分野においてスペシャリストだと思います。 ということは運動生理学についても理解を深め…

ジムで走っても痩せれない それは〇〇が間違っています

最近は涼しくなってきて 海に入るのも少し寒くなってきましたね。 夏も終盤に差し掛かってきましたから もしかするとダイエットをやめてしまった なんていう人もいるのではないですか?? いやいや、ダイエット継続中ですというあなたに 少し耳寄り情報をお…

起立性低血圧で転倒する高齢者に要注意

起立性低血圧は起きた時だけではなく、入浴後にも起こります。 要注意ですよ。 予防方法についても書いてますのでお楽しみに

塩分摂取が夏バテ防止のカギ 過剰な水分摂取に注意!

誰もが知っているように、水分を十分にとることは健康維持に大切。 でも、間違った水分のとり方で逆に体にダメージを与えることもあります。 女性の気になる、むくみ、冷え、過度な汗や、 便秘や下痢といった胃腸の働きの低下など、 水の摂取に関連して起こ…

最新の医療技術がリハビリを支える HALという歩行介助機器とは?

HALというアシストスーツが発売されて9年の年月が流れました。 見た目はいわゆる2足歩行用ロボットや産業用ロボットと違い、どちらかと言えば、義肢や装具を思わせるものです。 それが臨床の中で今どのようになってきているのか。 生の声を踏まえて書いて…

歯の痛みなら肩こりを疑え ストレッチの方法教えます

肩こりがひどくなると頭が痛くなる、という人はいらっしゃいますよね。 でも、「肩こりで歯が痛くなる」ということもあるのはご存知でしょうか? 口周辺、顎まわりは脳に近いため、不快な感じはより強くなります。 長引くと食欲も下がりやすく、生活の質も下…

納豆と〇〇であなたも腸内美人に!!

人生100年時代といわれる昨今ですが、 実は人間の寿命のポテンシャルは思っているよりずっと長いそうです。 健康管理ができれば、125歳まで生きるのも理論上は可能って知っていましたか? こう話すのは、寄生虫学の第一人者で新著『人生100年、長すぎるけど…

疲労回復のためにしておきたい3つのこと

人間は年齢を重ねていくと必ず細胞分裂や新陳代謝が遅くなり、疲労しやすくなると言われています。 疲労と老化の減少は、殆ど同じであるということも言われています。 例えば、自転車のチェーン。 少し錆がついていても、走行することはできますね。 この状…

内臓の疲労でぎっくり腰に?対策もお伝えします!

当院のお客様にも腰痛でお悩みの方はたくさん来院されます。 デスクワークや長時間の立ち仕事、その原因は様々ですが、 実は腰痛の原因が内蔵にあることもあるんです。 今日は、無関係そうに見える内臓と腰痛の関係、それをお伝えしたいと思います。 内臓と…

梅雨のときこそ継続力アップ!?誰だって続けられるエクササイズであなたも健康に!

あなたは今、何に悩んでいますか?痩せたい、健康的な体でいたい。でも運動はしたくない。そう思っていませんか?この記事では、どんなご家庭でも出来て継続できるエクササイズをオススメしています。梅雨の時期こそ継続力アップする理由とは?この理由を知…

『笑い』それは薬よりも効果的なクスリだった

薬をどれだけ飲んでも、あまり効かないという方はおられませんか?? そんなときは、くだらない漫才でも落語でもいい、笑いを求めてみてはどうでしょうか? 笑いは自分の免疫力を高める方法に繋がりますよ。

限界なんてない、チーム医療で目標を高く持とう。

弊社の自費リハビリで、最近様々なお問い合わせをいただいております。 私達はケアマネと週一回必ず電話なり面会なりで 今の進捗を話し合う機会をいただいています。 やっぱりチーム医療は重要だなと思わずにはいられません。 特に終末期リハビリにおいて理…

今話題のドライマウスってどういう状態?

朝、起きたときお口の中がパサパサと乾いていることがありませんか? あるいはのどの奥まで乾燥していることも少なくありません。 そんな時は、水を飲む、もしくはうがいをすることで お口の中が自然に潤ってくると思います。 しかし、このパサパサの状態が…

体調を整えるために、ついに〇〇始めました。

最近、自分自身の身体の不調が立て続けに起こっております。 食欲不振や嘔気、関節の痛みなど おそらく体重増加が原因ではないかという症状ですね。 問題は不摂生ですw 夜間の飲食は身体によくない! ということで、自分自身の身体に危機感を感じたので、 ①…

質の良い睡眠は仕事効率を高める!五月病改善のために必要なこととは?

質の良い睡眠が大事!とよく聞きますよね。 まず、睡眠の質とはなんでしょうか? それは『朝起きた時に熟睡感がある眠り』のことです。 つまり良い睡眠=長い睡眠という訳ではないということも言えます。 理想の睡眠時間は個人によって異なり、性別や年齢、…

障害があってもあきらめない心~義足でもバックカントリーを楽しむ~

皆さんはバックカントリーというスポーツをご存知でしょうか? バックカントリーとは山野のうち手付かずの自然が残っている整備された区域以外のエリアのことを言います。これらの区域でのスキー、スノーボード、キャンプは、バックカントリースキー、バック…

現役引退者が後悔した「若い頃にやっておくべきだった5つの後悔」が今話題です

Apple Watchやスマートウォッチをつけている人が増えています。 自分の生活リズムを把握することが重要です。 『自分の健康のために運動をしよう』 こう自分に言い聞かせて、続かないそこのあなた。 将来後悔しないように、今後悔しておられる先駆者の方々の…

意識障害や寝たきりでも食べるという楽しみを

訪問リハビリだけでなく、病院時代から 慢性期や終末期の病棟では意識障害の患者様を担当することが多かったです。 そこでいつも思うのが、「何か少しでも楽しみができれば」という思いでした。 臨床2年目のころ、同僚と慢性期病棟でお茶会グループを開きま…

介護疲れを救え!あなたのリハビリが家族を救うのです。

本日もお読みいただきありがとうございます。 2024年問題として超後期高齢化社会で4人に一人は高齢者という現状が ついに身近に感じてきました。 高齢者が高齢者を介護するという現状も今深刻化しています。 あなたも他人事ではないかもしれませんよ?? 介…

なぜ在宅医療を推進されるのか?

昨今病院の早期退院を推進し、 在宅や地域での医療を進める動きが活発化しています。 そのおかげで、在宅に帰ることができても、 需要と供給のバランスが崩れ、 実際リハビリをする場所がないという問題を抱えているのも事実です。 2025年には10人に一人の割…

大手企業が自費訪問リハビリに乗り出しました

『リハビリ難民』という言葉が作られてから、10年以上が経過したように思います。 当時は保険内でのリハビリが制限され始め、 病院でのリハビリから地域でのリハビリにと変わり始めたのが、 この言葉が生まれた時期と重なるのではないでしょうか?? 国の狙…

全国初!介護の年間死亡事故件数が発表される。

介護現場でのリスク管理をどれだけしていても ヒューマンエラーというものは必ず起こるもの。 その中の最たるものとして、インシデント、アクシデントに伴う介護現場における死亡事故を厚生労働省が初めて調査に乗り出した。 記事によると全国の特別養護老人…

働き盛りの今、鍛えておきたい筋肉はこれだ!

このブログをお読みの方は、何歳ぐらいの方が多いでしょうか? 20歳代の頃は、体の調子など関係なく、どんな不調や痛みも一晩ぐっすりと寝れば治る! と思っていました。 しかし、30歳を過ぎた頃から、徐々に「あれ?」っと思うことが増えてきました。 あな…