EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

セミナー事業部

脳卒中片麻痺患者様の治療について、山梨リハの伊藤先生をお呼びします!

エポックのオンラインセミナーが続々シリーズ化しています

ヨガは呼吸リハに通じるものがある リラックスしたいあなたにヨガがおすすめ

改めて知っておきたい|声掛けの重要性と可能性

腰痛改善に必要なリハビリ技術はエポックセミナーで学ぼう

外来心臓リハビリテーションは糖尿病性腎症の進行を抑制できるか?

心臓リハビリテーションにおいても、生活習慣病をいかに維持改善するかが重要な課題です。生活習慣病の中でも合併症が多く生命予後との関連も強いのは糖尿病です。外来心臓リハビリテーションが慢性腎臓病(CKD)に対してどの程度の効果があるのかを検討した…

片麻痺の上肢機能トレーニングは四つ這い練習が効果的です

麻痺側上肢の動きが悪い。リハビリで体幹や肩甲帯の固定性を高めなければいけないのはわかっている。しかしその固定性を高めるためのトレーニング内容がわからない。そうした悩みは臨床の中で多く見られることと思います。 今日はその解決方法について書いて…

脳卒中の患者様の上肢トレーニングは麻痺側側の起き上がりから始めてみよう

脳卒中患者様のリハビリにおいて、「上肢機能の改善に悩んでいる…」「上肢のトレーニングをどうしたらいいのかわからない…」という理学療法士・作業療法士の方はいませんか?そんな場合は、麻痺側側の起き上がり練習はぜひ行っておいていただきたいと考えて…

頸部を治療するときに気を付けておくべき点とは?

肩こりについては肩だけに収まるものではなく 首のコリや頭痛にも発展してきます。 こうなってくると肩こりだけを対象として治療するわけにもいきません。

心臓リハビリテーションは体力をつけるのが目標ではない

心臓リハビリテーションの中で一つ誤解されていることがあります、それは「心リハって体力をつけるためにやってるんでしょ?」ってことです。しかし、体力をつけることなんて大した目標ではない患者さんが大半です。今回はCROP研究という論文を引用しつつお…

効果は抜群!理学療法士・作業療法士も仕事効率化アップするための朝と晩のルーチン化

時間を有効に使うためにも、「自分の行動をルーチン化する」というのはとても効果的です。「業務自体をルーチン化する」という手もありますが、「朝晩などの決まった行動をルーチン化」してしまえば、一日を通してよりよい時間の使い方ができるようになりま…

悩めるあなたへ|理学療法士・作業療法士自身を高めるマインドノート・マインドマップの作り方

人間の頭の中は、色んな思考が頭の中を絶えず浮かんでは消え浮かんでは消え、と繰り返しています。たくさんのアイディアが出てきても、それが上手くまとまらないことも多いですよね。そんな貴方におススメしたいのが、「マインドノート」です。今回はマイン…

中~高強度身体活動量が多い方がBNPが低い?

身体活動量が身体にどのような影響を及ぼすのかが著者の私の中でのトピックスになっております。身体活動って言うと、歩数がよく用いられます。客観的だし分かりやすいので活用頻度は高いのですが、歩くっていっても強度はマチマチです。早く歩いてもゆっく…

心不全患者の栄養と運動 栄養が大事?運動が大事?

オンラインで学ぶ時代、講師をするあなたに読んでほしい3つの注意点

【心臓リハビリ】運動処方どうしていますか? 心拍数 vs ワット数

ネガティブになりやすい貴方へ|理学療法士・作業療法士だからこそ必要な自己肯定感を高める「褒めメモ」活用法

部下・後輩の指導は苦手ですか?得意ですか?

歩行における力学的効率性と生理的効率性を分けて評価していますか?

理学療法士も意外と知らない?心臓リハビリテーションの歴史

理学療法士・作業療法士のあなた|セミナー再受講のメリットを知ってますか?

理学療法・作業療法|高血圧の病態について

理学療法士・作業療法士の失敗しない転職のコツを教えます

同じ職場で働き続けてもなかなか昇給が見込めないから違う給料が良い職場で働きたいと思う方や、そのためにもスキルアップを重ねたいという方が多いのではないでしょうか。 今回は理学療法士・作業療法士の失敗しない転職のコツをお教えします。

コロナ休暇の今、社会人こそ勉強すべき3つの理由とは

生理学が苦手という理学療法士・作業療法士のあなたへ。克服するための近道は?

理学療法士・作業療法士 セミナー・勉強会を受講するときの服装は?

理学療法士・作業療法士の治療技術をあげるのにセミナー、研修会の参加だけで大丈夫?

理学療法士・作業療法士は、色々な研修会に参加し、勉強することが多いですよね? しかし、研修会に参加しただけでは、不十分です。 技術をあげるには学んだ技術をどのように身につけていくか? が重要になります。

リハビリテーションと栄養を今一度考えたい

「リハビリテーション栄養」という言葉を知っていますか? 「攻めの栄養療法」とも言われます。 セラピストが栄養の知識を身につけることで、より効率的で効果的なリハビリプログラムを構築することができます。

理学療法士・作業療法士|頑張っているセラピストほど仕事で不安になりやすい?

人生を変えたいならスマホを見直してみよう