EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

体幹機能の治療に必要な3要素とは?

体幹の安定性を高めるためには〇〇の評価が大切 体幹機能が働くと、四肢の動きもスムーズに 体幹の安定性を高めるためには〇〇の評価が大切 いつもお読みいただきありがとうございます。 セミナー事業部の久保田です。 本日は6月30日に大阪で開催します「体…

高次脳機能障害を脳画像から予測するセミナーの締め切りが迫っています。

臨床現場で脳画像の評価は 医師がするものと思っていませんか?? 私達セラピストが診断することはできませんが、 どの部位に障害が起こっていて、 その部位の支配領域を理解していれば 自ずと症状を理解することができるようになります。 今日はそんなセミ…

脊柱管狭窄症の症状について治療しよう!

昨日は脊柱管狭窄症の病態や症状について書いてみました。 詳しくはこちらをご覧ください。 blog.ep-och.com 脊柱管狭窄症について、私見ではありますが姿勢によって起こるものが多そうですね。 特に見られる症状として多いのは、 「末梢の痺れや痛み」 「広…

脊柱管狭窄症について調べてみよう!

脊柱管狭窄症とは? どんな症状が出るの? 治療方法はどのようにするのか? 脊椎疾患の痛みについて 神経が圧迫されるから痛いのか? 先日、脊柱管狭窄症についての記事を書きました。 しかしながら脊柱管狭窄症とは?ということを書いていなかったので、 今…

末梢神経症状の治療は○○を学ぶことで効果は向上します。

末梢神経症状が起こった!あなたはどう対処しますか? 狭窄症や椎間板ヘルニアを元に、神経症状を学ぶ 神経生理学を学ぶ意義とは? 講師は脊髄のスペシャリストとして有名な名古屋学院大学の青木先生 皆さんは末梢神経障害や脊髄神経症状についてきちんと理…

質の良い睡眠は仕事効率を高める!五月病改善のために必要なこととは?

質の良い睡眠が大事!とよく聞きますよね。 まず、睡眠の質とはなんでしょうか? それは『朝起きた時に熟睡感がある眠り』のことです。 つまり良い睡眠=長い睡眠という訳ではないということも言えます。 理想の睡眠時間は個人によって異なり、性別や年齢、…

靴の踵の減り方を見て、その人の弱いところがわかりますか?

足部のアライメントだけではなく、全体を見る!その方法が学べます。 オーソティックスソサエティ認定フットケアトレーナーという資格とは さて、本日は今週末に開催予定の足部・足関節の基礎知識と治療実技講習会について ご紹介させていただきます。 講師…

人気セラピストによる患者様の治療をあなたは見たくないですか?

先日とても貴重なセミナーを開催しました。 実際の患者様をお呼びしてのセミナーになります。 講師は動きのコツ研究所の生野先生のセミナーです。 ちなみに患者様をお呼びしてのセミナーは 6月に紀伊先生のセミナーもあります。(よかったら見てみてください…

【注目!】あの人気講師による講習会がついに開催!~肩関節のimpingement症候群がなぜ起こるのか?~

インピンジメント症候群は肩甲上腕関節だけでおきるものではない 肩甲骨の動きを精査することが必要 このセミナーで学べることは?? 今日は肩関節理学療法研究会副会長の西川仁史先生 のセミナーをご紹介させていただきます。 5月19日は大阪で! 肩峰下impi…

デュアルタスクができないとどうなる??リハビリ現場での転倒リスクを減らそう!

先日のブログでは二重課題(デュアルタスク)ができないと 転倒リスクが向上するという話を書きました。 blog.ep-och.com でも、実際デュアルタスクってどういうものかあなたはきちんと説明できますか?? デュアルタスクとは? 二重課題(デュアルタスク)…

転倒リスクのある患者様を救う!そんなセミナーの締切迫る!

救急搬送の8割は転倒 転倒リスクはセラピストが減らさねばなりません。 なぜ、転倒するのか?その理由を説明できますか? 樋口 貴広 先生とは?? リハビリ現場で頸部骨折の受傷原因を伺うと 転倒であることが大多数を占めます。 しかしながら、転倒はなにも…

踵が痛い!そんな時は土踏まずを治療しよう。

足底筋膜炎とは? 足底筋膜炎の原因とは? 足底筋膜炎の治療はどうするといい? 最近歩いているとかかとが痛むことがあります。 かかとが痛むと言えば、ランナーの方やスポーツ選手でよくみられる症状ですよね。 私も以前ダイエットでランニングを行っていた…

足関節を上手に使って前方への推進力に変えよう!

踵接地による衝撃吸収が歩行制動のカナメになる! 足部の機能もとても重要になる! 実技を交えて徹底的に学ぶ。これが小滝先生のセミナー いつもお読みいただきありがとうございます。 セミナー事業部の久保田です。 前回のブログ内容では足趾をうまく使って…

脊柱管狭窄症を甘く見ていませんか?

先日、自分のお父さんが脊柱管狭窄症と診断されていて 足場の悪いところから何度もコケたり落ちたりしているので 悩んでいますという相談受けました。 聞けば、整形外科にも整体院にもその診断を数年前に受けてから まったく通っていないのだという。 自分の…

綺麗な姿勢ってどんな姿勢?

「良い姿勢になりたい」 と思うことはごく自然のことであり、 良い姿勢であれば見た目も美しく、 もちろん身体の不調も起きにくくなります。 よく言われる良い姿勢とはどんなものなのでしょうか? 【point①】骨盤の動きを意識して、背骨を常に動かしておく …

ボバースインストラクターの起居動作セミナーが残席あとわずかです!

どこでバランスを取っているのか? 支持基底面内での動作は寝返り動作から 新年度が始まってついに1か月が過ぎました。 そして今日から令和となります。 今月も様々なセミナーをご紹介していきますよ!よろしくお願い致します。 さて、今週末は大阪人間科学…

現代人は足趾を使って上手に歩けていない!

最近、街行く人々の歩行動作を観察することが趣味になりつつあります。 すると気づいたことに、意外と立脚後期のけりだしをうまくできていない人って多いんですよね。 股関節伸展もそうですが、足趾を上手に使えていないんじゃないかなと思うわけです。 あな…

カロリーは身体を動かすガソリンだ

さて、先日のブログでは長期の臥床では廃用症候群になり、 筋肉だけではなく、血液総量が減ってしまうというブログを書きました。 どうしても筋力低下に注目が集まりやすいですが、 循環器系にも多大な影響がかかるということがお分かりいただけたのではない…

長期臥床は血液をも失う

あなたは立ちくらみやめまいを起こしたことはありませんか? 急な血圧低下による「立ちくらみ」をひきおこしますが、 起立性低血圧は自律神経がうまく働かないため、 心臓が十分な血液を脳や組織に送れないことが原因になります。 さて、昨日の記事でも書き…

「安静」にするということは身体にとって良いことなのか?

先日、腰椎圧迫骨折を言い渡された患者様が 医師から2週間の絶対安静を言い渡されたという話を耳にしました。 その方曰く、2週間ベッド上で安静にしていると、痛みが取れるから 安静にするようにという話を言われたそうです。 病院では圧迫骨折になられた患…

見学実習形式の治療セミナーが『今』人気です。

脳血管障害のリハビリを行う上で下肢のぶん回し症状や 足趾の内反尖足症状によって荷重が十分できないような場面をよく目にします。 ブルンストロームステージテストⅡ以降で連合反応が起こりますが、 あなたの患者様も屈曲共同運動や伸展共同運動がリハビリ…

長時間の座位保持は死亡リスク増って知ってた?

長時間労働の是正が問われ、働き方改革が今主流になっていますね。 でも本当に働き方改革で労働時間の短縮をすることが いいことなんでしょうか? 皆さんはどう思われますか?? そうそう、つい前日興味深い記事を見つけたんです。 それは、座りすぎにおける…

気圧の変化で痛みが出るなら〇〇をすると効果的です

昨日、夕方に訪問リハビリに回っている時に 久しぶりにこのようなことを聞きました。 「傷が痛むんですよね。そろそろ雨が降るのかな?」 医療系に携わっている方ならなじみのあるようなこの言葉、 あなたはいつもどのように感じておられますか?? 「ほんと…

あなたはストレッチの方法とその効果について説明できますか?

先日、患者様とこのようなお話をしていました。 「野球でウォーミングアップをするんですが、なかなか温まらないんです」 どのようにやっているかというと、 少しランニングして体をほぐす程度だという話でした。 すぐキャッチボールやトスバッティングを行…

毎年五月病に悩むあなたはこの対策がおすすめです

4月ももう下旬で来週からゴールデンウィークに突入ですね。 今年は10連休、新年度が始まって走り続けてきた体力が ちょうどこの時期に崩れてしまう、そんなことはありませんか? 5月病とは環境に慣れようとして頑張ろうとするものの、 5月の連休後くらいに、…

障害があってもあきらめない心~義足でもバックカントリーを楽しむ~

皆さんはバックカントリーというスポーツをご存知でしょうか? バックカントリーとは山野のうち手付かずの自然が残っている整備された区域以外のエリアのことを言います。これらの区域でのスキー、スノーボード、キャンプは、バックカントリースキー、バック…

聴診器が変わる!!雑音の悩み知らずの「超聴診器」が開発されています。

医療現場で医師が心音や肺雑音を聴診する場面は 様々なところで目にしていると思います。 理学療法士や作業療法士、言語聴覚士も聴診器を使用して 肺炎などの症状を確認しますよね。 そもそも、あなたはきちんと聴診ができますか? セラピストだけでなく医療…

現役引退者が後悔した「若い頃にやっておくべきだった5つの後悔」が今話題です

Apple Watchやスマートウォッチをつけている人が増えています。 自分の生活リズムを把握することが重要です。 『自分の健康のために運動をしよう』 こう自分に言い聞かせて、続かないそこのあなた。 将来後悔しないように、今後悔しておられる先駆者の方々の…

意識障害や寝たきりでも食べるという楽しみを

訪問リハビリだけでなく、病院時代から 慢性期や終末期の病棟では意識障害の患者様を担当することが多かったです。 そこでいつも思うのが、「何か少しでも楽しみができれば」という思いでした。 臨床2年目のころ、同僚と慢性期病棟でお茶会グループを開きま…

手足のしびれや肩こりは頸椎のアライメントを評価しよう

メディカル整体院SpAidでは、最近多数の肩こりの患者様にご利用いただいています。 そういえば、なぜ肩こりという症状が現れるのでしょうか? 哺乳類は四つ足動物から進化し、 直立二足歩行で手が自由に使えるようになった進化の代償として、 肩や首は重たい…