EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

ひみつどうぐ「タイムマシン」の使い方

こんにちは、EPoch IT 部の坂田です。

有名な話ですが、
今日はタイムマシンの使い方を説明しましょう。



¶ よく SF 漫画やドラマで見かける、宇宙船のワープ移動。
地点 A から地点 B までの航行距離を短縮するために、
空間歪曲を用いて船体を移動させる技術です。

空想科学的なお話に見えますが、
もしかすると実現可能かもしれない、という話が出てきました。

Warp Drive May Be More Feasible Than Thought, Scientists Say - SPACE.COM
http://www.space.com/17628-warp-drive-possible-interstellar-spaceflight.html


紙面の都合上、ワープの基礎理論についての詳しい説明は Wikipedia に譲るとして、
これだけのことが実現の可能性を検討する余地があるという段階まで、
人間の科学力は進んできましたが、いくらワープ航法に実現の可能性を見いだせても
未だにタイムマシンについてだけは実現の可能性が否定され続けています。



¶ 光速を超えることが出来るかどうかの実験を行っていた CERN (欧州原子核研究機構) ですが、
結局現段階では人類は光速を超えられないという結果を出してしまいました。

単純に考えても、『過去の出来事』自体が地球上から無くなっているし、
難しく考えても、この世界は 4 次元どころじゃなく 11 次元なんていう途轍もなく複雑な世界
だと言われているのですから、タイムマシンが如何に難しい事かが解ります。
そもそも不可逆の物理現象を巻き戻しすることなど熱力学の第二法則に違反しまくるのです。

つまり科学的にタイムマシンを実現することが出来ないと、
多くの物証や公式がそれを表しています。



¶ タイムマシンを使いたいと思う人は多く居ると思います。
あの時に戻ってやり直したい、
10 年前、20 年前、もっと自分はこうしていたら良かったと、
そうすれば今ともっと違う人生が送れていたんじゃないか、
そんな風に夢想してタイムマシンがあればいいなぁと考えるでしょう。

けれど科学的にはタイムマシンを実現することが出来ません。
もうやり直すことなんて出来ないだろうなぁ、と、
漠然と諦観の境地に達することになるでしょう。



¶ 科学的には実現出来ないのに、
どうタイムマシンを使うんだという事になりますが、
これには魔術や呪い (まじない) の手法を利用します。
いきなりこういうワードを使うと胡散臭く聞こえますが、
要するに、これは自己暗示のたぐいです。
重要なのは意識を変えるということです。

少なくとも現時点で、人生の時間を巻き戻したい
と考えている人にとっては効果的な方法です。

昔の自分に戻りたい、
今そう思っているのであれば、
きっとこれからも同じ事を想い続けると思います。

人間の性質は中々変わるものではないですし、
後悔をしやすいタイプの人は、
10 年後や 20 年後の未来にも、
過去に戻ってやり直したいと思っている可能性が高いです。




¶ ですから、こう考えてください。

今、あなたは 10 年後か 20 年後かの未来から戻ってきたところです。
これから過ごすはずだった未来を巻き戻して、今ここに存在しています。
だから、今から未来をやり直すことが出来ます。
自分の後悔しない生き方をこれから作ることが出来ます。


そのことに気付いた人は、
これからなんとなく過ごすはずだった未来よりも、
一段上質な生活を送ることが出来るようになるはずです。

今から変えてください。