EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

セラピストよ 勉強せよ


ある人は、こう言いました。



【しゃべるかわりに、聞くことだけは、確かに一心になって聞いた。


心から面白いと思って聞いていた。


それが、相手にわかったのだ


したがって、相手は嬉しくなったのである。


こういう聞き方は、私たちが誰にでも与えることのできる最高の賛辞なのである。】

著者:DALE CAENEGIE





本日もお読みいただき、誠にありがとうございます。
EPochセミナー事業部の久保田です。



最近、すこしずつですが、時間を作って本を読み始めています。

本というのは、とてもいいですよね。



昔から活字嫌いだったんですが、そんな私が本を読むきっかけになった小説があります。


【阪急電車】 作者:有川ヒロ






阪急今津線を舞台に、その駅ごとに繰り広げられる人と人のドラマを描いた小説です。

恋愛・失恋・家族愛・近所付き合い・苦悩や葛藤。

そうしたものが混じり合い、繋がりあうというなんとも言えないストーリーになっています。





いやぁ、有川ヒロ大好きなんです。


映画化もされましたので、ぜひ、ご覧になった方は、私と有川ヒロ談義で盛り上がりませんか??


(個人的には植物図鑑と自衛隊三部作、そして図書館戦争がツボですw)






さて、最近は、有川ヒロの本も読み返しつつ、
一冊の本を読み出しました。

冒頭の文章に記載したのも、その方の本の中身です。




私は最近、営業周りをすることが多いです。

中には取り合ってもらえないことも、何度もありました。

初対面で話をするには、知識が足りなさすぎることで、話題が続かないこともありました。


ですが、この方の本を読む内に、いろいろと気づくことが多いのです。


「いくら知識を付けようと、本職の相手には敵わない。


なら、その相手の興味をどれだけ惹きつけられることができるかを、考えるべきなのだろうか?」


知っているふりは逆効果。

だからといって知らなさすぎるのも失礼に当たるので
勉強はしなければいけない。

それよりも、相手の話に真剣に耳を傾けることの重要性を、

この本は教えてくれています。





【あなたの話し相手は、あなたのことに対して興味の百倍もの興味を、

自分自身のことに対して持っている。


中国で100万人の餓死する大飢饉が起こっても、

当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのですから。】