EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

負荷量は決めているのか?

こんばんはリハビリテーション事業部の目川です。







昨日は弊社主催のセミナーにスタッフとして参加してきました。



「心リハを考える~慢性心不全患者に対するリハビリテーション~」







心リハとして考えると、少し難しい…
っと感じることもありますが。。。





結局は、どのような疾患、障害にも必ず通ずるところでありますので、
すごく今後のリハビリに参考になりました。






どのような疾患・障害であっても、
リハビリを考えていくうえでは、まずは




評価



その次に




治療





大まかにはその流れは変わりません。









治療を進めていくうえで、必ず必要なことは





負荷量はどの程度にするのか








だらだらとすることも可能ですが





適切な運動量、負荷量を設定してリハビリを行うと
必ず効果は変わります。






歩行練習、
座位練習、



何でもいいですが、






何となくリハビリしていませんか?
運動の負荷量を考えてやっていますか?








そのんなことがしっかり学べる一日でした。





真鍋先生貴重なご講義ありがとうございました。



EPochセミナーは、臨床で必ず役に立つ内容が
今後も目白押しです。


ご来場お待ちしております。