EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

膝を感じる。変えていく。

本日はセミナーのご紹介です。

膝関節の可動域制限を作らないために、あなたが工夫していることは何ですか?】



12月14日

タイトル:膝関節の触診技術と臨床応用
講師:伊藤浩充先生(甲南女子大学 理学療法学科 教授)


→お申し込みはこちらから。





〇膝を曲げ伸ばしする時に引っかかった感じがする
〇月に何度か膝の水を抜いてもらっている
〇膝の治療で温めて運動しているけど、リハビリ後少し経つと痛みが強くなる





こういった患者様の声を聞くことってありませんか?






上記のそれぞれは、膝に原因がある場合もあれば、それ以外のところに問題があることもあります。

しかしながら、症状は膝に出ていることは間違いありません。






では、それらの問題を考えるには、どうすればよいのでしょうか?







まず、これらは運動学的にも膝関節に何らかのストレスがかかっていることは間違いありません。
それらが【何故ストレスがかかっているか】を解剖学的・運動学的に的確に捉える必要があります。




12月14日に甲南女子大学の伊藤浩充先生をお迎えして、基礎解剖学・運動学的な知識を習得し、
その上で触診および運動力学的な側面を理解し、可動域制限を作らない膝関節の実技講習会を開催致します。





〇膝関節を痛みなく曲げる方法はどうすればよいか?
〇膝の痛みを取り除く方法は?
〇どういう自主トレーニングを指導すればよいか?




あなたはこのセミナーを受講することで、明日から評価・治療に迷わない方法を学べます。



ぜひ一度ご参加下さい!


12月14日

タイトル:膝関節の触診技術と臨床応用
講師:伊藤浩充先生(甲南女子大学 理学療法学科 教授)


→お申し込みはこちらから。