EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

一点突破で生きるべきか、バランスよく生きるべきか。

こんばんはリハビリテーション事業部の目川です。



さて、EPochのセミナー予定がかなり公開になっています。
現在、5月のセミナー情報まで公開・募集開始しております。

ぜひ、御覧ください。

5月は、
首都大学の竹井先生の登場!
ASRINの石田先生が表情筋のセミナーを!
鯨岡先生がついに来阪!
渡辺先生の腰痛セミナーもついに治療編!
藤野先生の脳血管疾患の入門編も開催!
福岡で薬膳インストラクター資格認定講座も開催!





ということで、どのセミナーも注目度が高く、どれに行こうか迷ってしまいそうです。
詳細はこちらから


さて、本日も少しだけ。



得意な分野を持つほうがいいのか?
それとも、オールマイティーにできることがいいのか?




皆さんは、どう思いますか?





正直、私の答えは.....
得意な分野『は』持つべきだと思っています。

早速、質問から逃げてしまいましたが...。
(ただ、全てに当てはまるわけでは無いので、明確な答えがある質問ではありませんね。)




もちろんですが、得意な分野だけやっていればいいってもんでも無いと思っています。









必ず、仕事をしていく上で、自分自身に役割というものが有ると思います。

科の課長や主任であったり、
フロアのリーダーであったり、
バイザーであったり、
.....。



その与えられた役割を最大限活かす方法をまずは身に付ける。
そのためにも一点突破できる武器を持つのはいいことだと思います。



逆に3年目までの一般的に言う若手セラピストなら、
役割を与えてもらえるように、
オールマイティーに物を見て、
自分の力を発揮できるものを探すのが一番では無いかと思います。



自分が得意で好きだと思っていることも、
周りから見ると、そうでもないことも
よくあったりします。


自分自身の力を発揮し輝ける場所を見つける。






そのためには、まずは
なんでも見てみる・聞いてみる・調べてみる


そんなところから始まるのではと思います。






これは、どのような物でも一緒だったりします。
得意な分野で輝ける人は、そもそも基礎の部分のベースが高いです。



1点のみ輝いて、他は平均以下の人なんて、本当に数が少ないと思います。



基礎というのは、とても大切。
輝く部分を持つためにも、ベースはしっかりと持つべきであると思います。





っということで、3月の基礎をまとめるセミナーはこちらです。
一度、上肢の機能を見直しませんか?

『ADLに繋げる!脳血管疾患に対する上肢機能への評価・アプローチ』
日時:3月8日 (日)
講師:石原武幸 先生
料金:5,500円
会場:市民交流センターよどがわ

ご予約・詳細はこちらから
http://seminar.ep-och.com/seminar/889