EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

【保険外 訪問リハビリ】屋外歩行練習だから気づくこと

いつもお世話になっております。
リハビリテーション事業部の目川です。


最近は、リハビリ事業部のHPの

日々のリハビリの更新が主だったので、

コチラのブログには久しぶりの登場になります。

 

 

自費訪問リハビリなら EPoch | 国家資格を有する理学療法士や作業療法士が、国内最安値で行う自費訪問リハビリサービス。兵庫県・大阪府を中心にサービスを展開しています。

 

 

 

 

 

さて、新年を迎えてから半月が過ぎまして、
十日えびす

http://nishinomiya-ebisu.com/ebisu2017/

も終わったことで、正月モードも終了です。

(西宮えびすの恒例行事:開門神事福男選び)

 

 

 

 


弊社の保険外訪問リハビリサービスも

新たな目標を立てながら利用者様と一緒に頑張っております。

 


最近は、非常に寒いですが屋外歩行も

天気が良ければどんどん行っております。

 

屋外になれば、風も吹きますし、車も通ります。

前から自転車や子どもたちが勢いよく通り過ぎていきます。

 


屋内歩行で安定していたAさんも、外に出るといつも以上にフラフラ…。

 


そんな、転倒のリスクも様々な評価で未然に把握出来ます。

 

 

例えば、

 

10m歩行

 

通常の高齢者の方向なら60m/分(1.0m/秒)

屋内をメインに生活されいる高齢者なら平均40m/分(0.66m/秒) 

このスピードが下回るようなら、リスクが高い部類に分けられると言われています。

 

 

 

 

 

ちなみに1.0m/秒ってどれぐらいのスピードでしょうか?

 

 

 

 

正解は、

横断歩道を青信号うちに渡りきれるぐらいのスピード 

と言われています。

 

 

 

 


(青信号の時間が長めに設定されているところもあるので、全てとはいえませんが..。)

 

 

 

 

 

 

 

自費の保険外訪問リハビリサービスで

多くの高齢者との関わりが多い我々にとっては、

転倒予防は切っても切り離すことの出来ないテーマの一つでしょうか。

 

 

こんなことを話しながら、楽しいリハビリを日々行っています。