EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

iPS細胞で脊髄損傷治療 次はセラピストの出番だ

思わず声を出してしまうくらいのニュース!

 

先日、すごいニュースが飛び込んできましたね!

近い将来、iPS細胞で脊髄損傷の治療ができるかもしれない。

このニュースをみたときに、やはりセラピストである私は

おぉ!っと声を出してしまいました。

 

弊社の保険外訪問リハビリサービスの患者様にも

何名か脊髄損傷を受傷されている方がいらっしゃいますので、

このニュースは紹介せずにはいられません。

 

世界で初めてiPS細胞から神経のもとになる細胞をつくり、重い脊髄(せきずい)損傷の患者に移植する、慶応大のグループの臨床研究について、再生医療を審査する学内の委員会は13日、計画の妥当性を検討した。大きな異論はなく、承認される見通しになった。承認後グループは計画を国に申請する。

 厚生労働省の専門部会で認められ、順調に進めば来夏にも臨床研究が始まる。

 事故などで国内で毎年約5千人が脊髄損傷になり、患者は10万人以上いるとされる。脳からの命令を神経に伝えることが出来ず、手足が動かせなくなったり、感覚がまひしたりする。現在は損傷した部位を完全に修復する治療法はない。(引用 朝日新聞デジタル)

headlines.yahoo.co.jp

 

 

国内で10万人以上いらっしゃるそうで、

そんなにいらっしゃるのか!

と、ニュースを読んだ時には思いましたが、

毎日のようにどこかで交通事故などが起こっていますから、ね。

 

新しい治療技術なので、慎重に進めていくと思いますから、

今日、明日に…ということはないでしょうが、

可能な限り、早く移植できる方が増えることを望みます。

 

 

次は我々セラピストの出番ですね

 

医療の世界は日進月歩とよく言われますが、

研究をされていらっしゃる方には頭が上がりません。

もちろん研究者だけでなく、臨床で日々頑張っておられる方も言うまでもなく、ですが。

 

この10万人以上の方にとって希望になっているこのニュース、

セラピストの私も、もっと頑張らないといけないな!

発奮させられるニュースとなりました。

 

当面は受傷直後の方にiPS細胞を移植するそうですが、

今後は受傷してから時間がたった方にも移植をしていくそうです。

 

脊髄損傷は損傷部位によって異なりますが、

手足が動かせなくなったりします。

時間が経てば、筋力が落ちてしまったり

関節の動かせる範囲が狭くなってしまいます。

iPS細胞で再生していくと同時に、

きっと理学療法や作業療法が求められるでしょう。

 

 

日進月歩の医療なので、我々セラピストも活躍の幅が広がりそうですね。

 

 

iPS細胞 不可能を可能にした細胞 (中公新書)

iPS細胞 不可能を可能にした細胞 (中公新書)

 
iPS細胞が医療をここまで変える (PHP新書)

iPS細胞が医療をここまで変える (PHP新書)