EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

アルコール依存症は精神疾患だという認識が広がっています

f:id:EPoch:20190313070331p:plain


君、普段からお酒飲みすぎだから、アルコール依存症では?

 

と思われているかもしれませんが、実は自宅での晩酌はあまりしないほうです。

 

 

いや、本当ですよ??

www.cbnews.jp

 

調査によると、生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合(16年の調査結果)は、男性が17.5%、女性が10.2%で、いずれも全国平均を上回っていると指摘。飲酒による不良行為少年の補導人数も増加傾向だという。

 

確かに最近飲酒による若年層のアルコールによる問題行動は多発してますね。

ニュースでも取り上げられていますし、

最近ではキャバクラで泥酔した客を、支払いを早々に終わらせて

店の外に連れ出してそのまま放置していたら

そのまま死亡していたという恐ろしいニュースまで飛び込んできました。

 

 

特に最近は歓送迎会シーズンでもありますし

少しお酒の席での粗相は気を付けておきたいものですね。

 

 

あなたは毎日飲酒をしていますか??

 

別に毎日飲酒をしているからと言って、アルコール依存症ではありませんが、

近年、統計によると、アルコールを毎日摂取している人が増えているようです。

 

www.cbnews.jp

 

熊本県内の「アルコール依存症の生涯経験者」は約1万900人いると推計。アルコール依存症の入院患者数は減少傾向だったが、17年に増加に転じたといった課題を挙げているとのことです。

 また、熊本地震発生後の被災者の飲酒状況に関しては、応急仮設・みなし仮設に入居する18歳以上の住民を対象とした調査を取り上げ、地震を経てアルコール健康障害のリスクが高まっているといった見解を示しているそうです。

 

確かに地震や台風などの災害後だけでなく、精神的にストレスを感じるときは

アルコールに逃げたくなるものですが、

ある程度は自制をするということも大切ですね。

 

 

しかしながら前述したようにアルコールによる問題は近年増加してきています。

若年層による飲酒に伴うリスクが十分理解されていない状況であるため、

新潟県では「アルコール依存症は精神疾患であり、治療により回復する」といった認識の普及を進めていくようです。

 

「自制する」

 

これは自分自身との戦いです。

毎日続けることはかなり難しいことではありますが

医療機関や周りの方々の協力によって、少しずつでもアルコール依存症の方々が

治療できればなと思います。