EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

寝れていますか?寝れてないなら筋トレしましょう!

あなたは質の良い睡眠がとれていますか?

もし取れていないのだとしたら、あなたは「レジスタンストレーニング」を

積極的に行うべきです。

 

 

 

先日、質の良い睡眠について書きました。

質の良い睡眠とは、『朝起きた時に熟睡感がある眠り』のことです。

つまり良い睡眠=長い睡眠という訳ではないということも言えます。

理想の睡眠時間は個人によって異なり、性別や年齢、体調、季節によって変動します。

 

詳しくはこちら

blog.ep-och.com

 

 

レジスタンストレーニングとは?

 

そもそもレジスタンストレーニングがわからないという方へ

 

〇レジスタンストレーニングについて

筋力は一定の負荷をかけることによって維持・向上します。筋に負荷をかけたトレーニングのことをレジスタンス(Resistance:抵抗)運動といいます。筋力トレーニング=レジスタンス運動と考えても良いでしょう。レジスタンス運動は自分の体重やチューブ、ダンベル、バーベルなど負荷のかけ方によって行い方が変わるため、種類は多岐に渡ります。 

 https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/resistance.htmlより引用

 


筋トレが睡眠の質を高めるエビデンスが発表されています。

 

運動が睡眠に良い影響を与えるエビデンスの多くは、

ジョギングなどの有酸素運動に限られており、

レジスタンストレーニングによるエビデンスは示されていませんでした。

 

そのような中、マックマスター大学のKovacevicらは、

2017年7月、レジスタンストレーニングと睡眠に関する13もの研究報告をまとめたシステマティックレビューを発表したのです。

 

 

その結論はとてもシンプルなものでした。

 

 

「レジスタンストレーニングは睡眠の量は増やさないが、睡眠の質を高める」

 

 

習慣的にレジスタンストレーニングを行っている場合、

睡眠時間は増えませんが、浅いノンレム睡眠を減少させ、

深いノンレム睡眠(徐波睡眠)を増加させることが証明されているようです。

 

www.rehabilimemo.com

 

もしあなたが熟睡できていないのだとしたら

ぜひレジスタンストレーニングを試してみてください。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。