EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

ヨガの解剖学がとても面白い件

ãã³ã¹, ã¨ã¬, çæ³, 女æ§, ãã£ãããã¹, å¥åº·, ãã­ããæ°´ã®

ヨガって難しいポーズを取ってるなと思いませんか?

 

確かにややこしいポーズを取っていることが多く見られますが

実は、身体にとって合理的な動きをしているのです。

体感して学ぶ ヨガの運動学: 体にやさしく効率的な動かし方

体感して学ぶ ヨガの運動学: 体にやさしく効率的な動かし方

 

 

図解YOGAアナトミー実践編 ヴィンヤサフローと立位 (YOGA BOOKS)

図解YOGAアナトミー実践編 ヴィンヤサフローと立位 (YOGA BOOKS)

  • 作者: レイ・ロング,中村尚人,アンダーザライトヨガスクール,クリス・マシボー,赤木香苗,鈴木まゆみ
  • 出版社/メーカー: アンダーザライト
  • 発売日: 2018/04/23
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 万能とも呼ばれるヨガの効果は、医療や福祉の現場で使いたいけれど制限があって使えない。

そもそも難しい姿勢はとれないと考えていませんか?

 

ヨガとは

呼吸を整え、瞑想(めいそう)の世界にはいって、正理と一体になること。古代から伝わるインドの身心鍛錬の方法。近年は健康法としても行われる。瑜伽(ゆが)。ヨーガ。

 

つまり自分の身体や心に真摯に向き合うということを目的とした

れっきとした健康法になるのです。

 

その中で、特殊なポーズや運動をすることはありますが、

それらは前述した本にも書いてあるように、運動学に基づいた動きをしています。

 

もちろん解剖学や運動学はセラピストの皆さんの独壇場だと思いますが

その知識を使ってヨガを体験してみるというのも

面白いのではないでしょうか?

 

ヨガ解剖学の内田かつのり先生が今面白い

 

ヨガ解剖学アカデミーというサイトを運営されている内田先生という方がおられます。

内田先生は本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、

運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、

ヨガそのものが暮らしの中に在るようになられたようです。

 

上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、

現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、

灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、

2つを軸にして治療を行っておられるようです。

 

 

トリガーポイント療法といえば、エポックでは波田野先生が有名ですが

全国的にも有名な筋膜リリースの著者、竹井仁先生もトリガーポイントを提唱されておられますね。

 

波田野先生のセミナーはこちら

seminar.ep-och.com

seminar.ep-och.com

 

西洋医学と東洋医学、一見違うように思えても、

双方リンクするところがあるということがとても面白いと思いませんか?

 

鍼灸やヨガの世界での常識も、食わず嫌いをせずにぜひのぞいてみるのも

面白いかもしれませんね。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。