EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

転倒リスクは理学療法士が徹底的に予防していこう

 


弊社の保険外訪問リハビリサービスも

新たな目標を立てながら利用者様と一緒に頑張っております。

 


最近は、非常に熱いですが屋外歩行も

天気が良ければどんどん行っております。

 

屋外になれば、風も吹きますし、車も通ります。

前から自転車や子どもたちが勢いよく通り過ぎていきます。

 


屋内歩行で安定していた患者様も、

外に出るといつも以上にフラフラに。。。

 


そんな、転倒のリスクも様々な評価で未然に把握出来ます。

 

 

例えば、

 

10m歩行

 

通常の高齢者の方向なら60m/分(1.0m/秒)

屋内をメインに生活されいる高齢者なら平均40m/分(0.66m/秒) 

このスピードが下回るようなら、リスクが高い部類に分けられると言われています。

 

ちなみに1.0m/秒ってどれぐらいのスピードでしょうか?

 

 

 

 

正解は、

横断歩道を青信号うちに渡りきれるぐらいのスピード 

と言われています。

 

 

 

 


(青信号の時間が長めに設定されているところもあるので、

全てとはいえませんが..。)

 

 横断歩道の白線の幅がおおよそ450mm程度ですので、

白黒で900mm(1ヤードですねw)

 

ということは白線12本分の横断歩道になりますね。

 

 片側一車線の横断歩道を青信号のうちにで渡り切れるくらいのスピードですね。

 

 

 

その他にもファンクショナルリーチテストは有名なところですね。

f:id:EPoch:20190612072221p:plain

ファンクショナルリーチテストとは

ファンクショナルリーチテストとは、対象者の転倒リスクがどれくらいあるのかを調べるためのバランス能力テストのこと。機能的リーチテストとも呼ばれており、臨床ではFRT(Functional Reach Test)と略されます。

 

立ったままの姿勢で90度挙上した腕を、できる限り前方へ伸ばしていきます。倒れないところで止めて、またもとの位置に戻ります。
こうして前方へリーチ出来る最大距離を測ることで、対象者のバランス能力(両足の支持基底面内でどれだけ姿勢調整が可能か)を評価できるのです。

 

対象となるのは、主に地域高齢者や脳卒中・パーキンソン病・脊髄損傷・前庭障害などの疾病を持つ患者さん。
日本理学療法士協会の診療ガイドラインでは推奨グレードAの信頼性・妥当性を誇る、多くの臨床現場で使用されている簡便な評価方法です。

 

このような様々な指標を用いて転倒予防をするために

立位動作、歩行動作の評価を徹底的にしていきます。

 

 

その他の評価バッテリーを知りたい方はこちら

seminar.ep-och.com

 

 

 

自費の保険外訪問リハビリサービスで

多くの高齢者との関わりが多い我々にとっては、

転倒予防は切っても切り離すことの出来ないテーマの一つでしょうか。

 

 

こんなことを話しながら、楽しいリハビリを日々行っています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。