EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

日本人なら、やっぱり畳に座りたい

皆さんは、畳は好きですか?

 

私は好きです。

あのイグサの匂い、畳独特の柔らかさ、

和の雰囲気漂うあの独特な空間は、日本人でよかったなと

つくづく心から思います。

 

弊社の訪問リハビリを選択してくださっている患者様の中にも

やはり畳好きな方はおられます。

 

あなたの患者様でも、寝たきりや車いすになっても、

やっぱり畳に思いを馳せる方はおられるのではないでしょうか?

 

確かに介護分野や医療分野では

ベッドで寝るということはとても多いです。

だからといって、一生ベッドだけで過ごすということがいいとは私は思いません。

 

日本人なら、やっぱり畳に座りたい。

あの匂いを、雰囲気を感じたい。

 

 

だったら一緒にどうすれば座れるかを考えようではありませんか。

 

普段は寝たきりでも、リハビリの時だけでも座りたい。

f:id:EPoch:20190615010137j:plain

 

訪問リハビリに伺っている患者様で、

普段は介護度5で自分で起きることができませんが

YES、NOの会話はできる方です。

 

ふとした会話の中で畳の話になりました。

座れるなら座りたいという話をされておられましたので

ご家族ご協力のもとに、畳に横になることができました。

 

その時はとてもリラックスした表情で天井を見られており、

その時だけは自発的に手足を動かしてくださいました。

ご本人様もご家族様もとても喜んでくださったことを今でも覚えています。

 

畳の上で寝るというメリット

普段寝たきりの患者様は、エアマットやクッション性の高いマットの上で寝ておられることが多いと思います。

 

その環境というのは、確かに耐圧分散という観点から見るととてもいい環境かもしれませんが、別の観点からみればとても不安定な環境であると言わざるを得ません。

 

 

 

ある文献では、

臨床上、柔らかいマットレスでは体動が不安定となり、咳嗽練習、呼吸筋トレーニングに難渋する印象がある。そこでマットレスの硬さ(体圧分散能)が咳嗽力に及ぼす影響について検討した。

不安定なマットレス上ではこれら体幹深層筋の姿勢の安定作用
が大きくなるため、CPF(咳嗽力)、MEP(最大呼気圧) の呼気筋としての効率を低下させたのではないかと考える。

という見解も見られている。

また、寝返り動作も自分たちが寝てみても分かる通り

とても打ちづらいのを経験咲いたことはあるのではないだろうか。

 

実際、この患者様もベッド上ではエアマットをリハビリ用に設定されているのに、なかなか自分で寝返ることができない。

 

しかしながら畳の上だと寝返りが見守りで可能になるのだ。

 

自分で動ける、そのような環境を提供するということも

セラピストとしてとても重要だと感じざるを得ません。

 

そしてこれが一番重要だと思うのですが

動けるようになることが重要なのではない、患者様が何を求めているのか、何をすれば喜んでくれるのか。

その喜びや笑顔を求めて日々リハビリに取り組むことが

一番重要ではないかと感じます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。