EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

「お酒は百薬の長」は嘘だった!?常識を覆す論文が発表されました

「少しのお酒は体にいい」という説を聞いたことがある人もいると思います。

私もこれが免罪符のように、お酒を結構飲んでしまいますので。

 

しかしながら、今までこの分野は曖昧なまま放置されていたといっても過言ではありませんでした。

そんな中、それを覆すような論文が発表されたのです。

 

 

専門家の間ではどう捉えられているのか

 

「確かに、少量飲酒が体に良いと結論づける研究は過去に複数出されました。しかしながら、飲酒量に関する質問内容などが詳細に欠けていたため、専門家の中には疑問を抱く人が少なくなかったのです」

 

 

筑波大学地域総合診療医学の吉本尚(ひさし)准教授はこう話されています。

吉本准教授はお酒をテーマに研究している医師であり、

2019年1月、自身が診療を行う北茨城市民病院附属家庭医療センターに「飲酒量低減外来」を開設されている。

 「そんな中で、『少量飲酒は体にいい』説を覆す信頼性の高い論文が2018年8月に医学雑誌『ランセット』に発表されたのです。医療は、“今日の常識が明日の非常識”と言われる最たる分野です。論文一つを絶対視することはできませんが、その内容から、『少量飲酒が体にいいとは言えなくなってきたぞ』と、多くの研究者が感じたのではないでしょうか」

悪影響を最小化する飲酒量は「ゼロ」…

 「少量飲酒が健康に良い」と言われてきたのは、「アルコールが動脈硬化の進行を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患の発症リスクを下げる」とする研究結果があるためだと言われていました。

 

しかしながら今回の論文では,世界195カ国で実施された592の研究を統合してアルコールの影響を総合的に評価したもので、

研究には500人以上の専門家が参加したといいます。

 

 この大規模研究によると、心筋梗塞に限って言えば、

やはり少量の飲酒をしている人ほど発症リスクが低いことが確認され、

1日における飲酒量が男性で0.83杯、女性で0.92杯でそれぞれリスクが最小になりました。

 

 全体として見ると、飲酒の「良い影響」は限定的でした。

 

 問題は、飲酒によって別の病気が発症する可能性が高まること。

たとえ少量であってもお酒を飲めば乳がんや口腔がんなどにかかりやすくなってしまうため、

「アルコールによる特定の病気の予防効果はがんの発症リスクで相殺される」と指摘されたと言われています。

 

 

今までは酒は百薬の長と言われていましたが

それを改めなければいけませんね。

かといって飲酒をやめることはできなさそうですがw

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。