EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

最新の医療技術がリハビリを支える HALという歩行介助機器とは?


HALというアシストスーツが発売されて9年の年月が流れました。

 

見た目はいわゆる2足歩行用ロボットや産業用ロボットと違い、どちらかと言えば、義肢や装具を思わせるものです。

 

それが臨床の中で今どのようになってきているのか。

生の声を踏まえて書いてみたいと思います。

 

メリットとデメリット

youtubeやニュースで数々取り上げられているこの技術ですが、もちろんメリットデメリットが存在します。

 

まずメリットとしては

・効率のいい動き方、身体の使い方をロボットが教えてくれる
・動きをモニタなどで確認することで、修正しやすくなる
・トレーニング意欲を高める

 

ですね。

HALの対象者としては

● 加齢や怪我で脚力が低下した方
● 脳梗塞による下肢麻痺がある方
● 頚髄損傷による不全麻痺のある方
● パーキンソン病の方、パーキンソン病関連疾患のある方
● 筋原性疾患のある方

● 身体のバランスを保持できない方

になります。

 

 

そしてデメリットとしては

・装着に手間がかかる
・ロボット本体の重量が負担となる

ということが挙げられます。

 

ここで「料金」が問題に上がらない理由としては、個人への販売は行っていないということにあります。

 

特に介護現場での有用性が期待されていましたが、ITmedhiaビジネスオンラインでも、

確かに人を抱えるときなどに効力を発揮するが、いったんそれが終わればすぐ装着ロボットを取り外して別の仕事に取り掛からなくてはいけない。取り外しに時間もかかる。だからといって、人を持ち抱えるような仕事だけをひたすらしていればいいということなどない。一機種のロボットにできることは限られており、部分的には役に立つが一日全体の仕事を通して考えると使い勝手の悪い製品になる。

と述べています。

 

 

実はHALを使える病院は増えています。

しかしながら、介護現場での利用方法は難航していますが、

治療現場での利用先は比較的増えてきているのです。

 

関西でも大阪の北野病院や宝塚記念病院、鹿教湯三才山リハビリテーションセンターなど

有名どころだけではなく、その他のリハビリテーション病院でも導入されておられるようです。

 

もちろんデータ収集のために貸出されている部分もあるでしょうが、ぜひどんどんいろんな疾患にも適用されるようになってほしいですよね。

 

 

 

HALを実際体験された方としては「使いたい」

実は筆者の患者様で定期的にHALを使ってリハビリを経験されておられる方がおられます。

 

その方は脳梗塞発症後の経過が長く、独歩自立が難しい状況ではありますが、少しでも可能性を求めて利用されておられます。

 

その方曰く、「自分でも買えるなら、使いたいんだけどなぁ。でも個人購入はあかんらしいから。

つけるのは誰かにしてもらったらなんとかなりそうやけどな」

 

と話されておられました。

 

確かに個人購入は難しく、高級外車並みの金額を要しますが、もしその着用に伴う経験談などが少しずつでも世に広がって実用例が広まれば

もしかすると今後の発展も見込まれるのではないでしょうか?

 

 

なかなか導入が難しいと言われているパワードスーツではありますが、革新的な発明であることは間違いありません。

 

特に医療現場だけではなく、災害現場での利用など活躍の場所は多いはずです。(少しロボットアニメの見過ぎでしょうか?)

 

これからの現代技術の進歩から目が離せませんね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。