EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

橈骨神経麻痺は意外と身近で起こる症状です

皆さんはサタデーナイト症候群という言葉をご存知ですか?

別名ハネムーン症候群とも呼ばれています。

 

「新婚旅行の時間が素敵すぎて、もう日本に帰りたくない~」
ハネムーンの帰国日が近づいて憂鬱になること?

 

いいえ違います。

 

「仕事はもちろん、ちょっとの間でも離れていたくない(涙)」
長い間一緒にいたことから起こる寂寥感のこと?

 

こちらも違います。

 

 

ハネムーン症候群という名前からそんな程度のことを病気として表現していると思っていませんか?
実はれっきとした適応症のひとつで、正式名を橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)と言います。

腕枕や飲酒をして何かに寄りかかって寝てしまった場合などに起こる症状のことを言います。

 

橈骨神経麻痺とは?

 

橈骨神経麻痺(Saturday night palsy:土曜夜のマヒ)は、とても艶っぽい名前がついています。

この神経の麻痺では手の甲がシビレます。

しかし、多くの場合感覚の障害より、筋肉の麻痺が主体となります。

筋肉は、前腕の手の甲側で、指を伸ばしたり、手首を反らしたりする筋肉の麻痺が起こります。

手首を反らす筋肉がうまく働かないため、指を曲げる筋肉は麻痺していないのに、ものをうまく握ることができなくなります。

 

サタデーナイト症候群は、しばらくして感覚が戻ってくる程度なら問題はありません。

しかし腕を圧迫した状態が長時間続いた場合、

腕の感覚が戻るまで半年かかるという事例があるそうです。

なので症状が早期に消えない時は、生活習慣の見直しも必要です。


私は車上生活時間が長いので、よく車の中で昼寝をします。

シートは狭いので、腕の置き場がなく、首の後ろで組んで寝ていると必ず腕が痺れます。

 

今まではあまり気にしなかったのですが、これを機会に注意しようと思います。

あなたもこのように身体の不調があるときは自分の生活習慣を見直してみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。