EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

なぜ、息が上がるのか?を生理学的に理解していますか?

これを読んでくださっている皆さんは、

理学療法士や作業療法士、はたまた柔道整復師や鍼灸師や看護師など

国家試験を通過してこられている方々なので

運動療法という分野においてスペシャリストだと思います。

 

ということは運動生理学についても理解を深めておられますよね?

運動に生理学がつきものであることは理解できるはずです。

 

 

なぜ、息が上がるのか?を生理学的に理解してみる

 

ここからは少し専門的な内容になります。

一つ、血圧上昇のメカニズムについて目を向けてみましょう。

 

血圧は心拍出量の増加と末梢血管抵抗の増加によって上昇します。

心拍出量の増加には、腎機能の低下などにより体内のNaが増加し、

体液濃度を一定にするために水分が増加し、

これに伴い血液が増加することが関わっています。

 

 

末梢血管抵抗の増加には、動脈硬化により血管内腔が狭くなることなどが影響しています。

そして、心拍出量の増加と末梢血管抵抗の増加の両方に

交感神経の活性化が関わっています。

 

交感神経が活性化されると交感神経末端や

副腎からカテコールアミンが分泌します。

カテコールアミンは直接的に心拍出量の増加、

血管収縮による末梢血管抵抗に関わるほか、

腎臓に働きかけてレニンに代表される昇圧ホルモンの分泌を促すことで血圧を上昇させるのです。

 

 

ここまではよろしいでしょうか??

f:id:EPoch:20190414063454p:plain


では実際階段昇降を息が切れるまで上がったり下がったりをしてみてください。

私は先日訪問先の家で31階の階段を登りました。

いえ、登り切ろうとして断念しました。約10階ほどで。

 

そうすると心臓が飛び跳ねるくらいドクドク言っているのがわかります。

この時に何が起きているかというと、末梢血管を意図的に収縮させたわけですね。

筋収縮という手法を使って。

 

この際の血圧の上昇を理論的に理解できていれば、

運動中の血圧の低下やチアノーゼ症状などの理論を説明することは

さほど難しくはないですよね?

 

 

これは一つのセミナーの内容ではありますが

このように心機能も実技で評価することができます。

 

 

逆に血圧を下げるにはどうすればいいか??

それは副交感神経系を賦活すればいいんですよね?

(方法は弊社セミナーでご紹介します!!)

 

 

私たちの運動には生理学がつきものです。

筋の収縮過程一つ、呼吸のメカニズム一つとっても生理学が欠かせません。

 

最近では呼吸リハ、心リハを切り離さずに考えるという概念が浸透してきています。

私は肺性心を勉強したときに特にそう思いました。

まるで夫婦のような感覚だと。

 

 

心不全を考えるうえで心臓機能を考えるのは当たり前ですが

肺機能もきちんと考えるような癖をつけていかなければいけませんね。

そしてそれらは運動と密接な関係があります。

ぜひ自分の身体を動かして勉強してみてくださいね!!