EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

経口摂取の可能性を探る 療養病棟での本当のリハビリとは

あなたは意識障害患者に「食べる喜び」 を提供することができていますか?

療養病棟で今の状態から変わらないからという理由で

リハビリがルーティンワークになってしまっている

 

そんな現場を何度も目撃しました。

 

しかしながら本当にそれでいいのでしょうか?

 

 

 意識障害がある患者には胃ろうなどで栄養を摂取することが多くなります。

一方で少しずつ訓練し、口から食べられるようになる例も報告されています。

 

病院でのSTさんの訓練を経て、

今までは胃ろうでしか栄養補給ができなかった患者様が

経口摂取までできるようになった例を私も経験しています。

 

一方で、機能はあるにもかかわらず、

食形態の評価をきちんとできておらず、

食事がなかなかうまくできずに食事をすることが嫌で

経口摂取をしない→栄養失調→入院→胃ろう増設

というケースも目にしました。

 

 

理学療法士だけ、作業療法士だけ、言語聴覚士だけ

それぞれがそれぞれとコミュニケーションを取り合って

きちんとした評価とアプローチが望まれます。

(在宅でも病院でも同じだと思います)

 

 

しかしながら誤嚥のリスク管理は言語聴覚士だけではありません。

理学療法士や作業療法士でもきちんと理解して

評価することでアプローチを進めることが可能です。

 

seminar.ep-och.com

f:id:EPoch:20190418065336p:plain


姿勢を整えたりシーティングで頸部のアライメントを確認したりと

このあたりの環境調整は理学療法士や作業療法士の専売特許です。

そのうえ、呼吸の評価もできるわけですから

口腔機能の評価はしっかりできるはずですよね?

 

このあたりにもきちんと目を向けてアプローチをしていく必要があります。

そうすれば、誤嚥による肺炎を予防することは可能です。

 

 「口から食べる」ということは、喜びにつながる生活の行為の一つです。

それを目標にすることで、患者が座位になる必要があったり、目を覚ました状態でないといけなかったりして、その過程で患者の様々な能力を引き上げることにつながります。

 

食べるということは生活リズムの柱になります。

食事を補助する家族にも、食べた内容が話題になる楽しみなど、介護者にもメリットが大きい面もあります。

結果として、うまくいかなかったとしても、家族の精神的支援の一つとしての意義も大きいはずです。

 

 

前述したように、お茶会では患者様も喜んで出てきてくださいました。

それは食事ができなくても、口腔内にいつもと違う香りが漂うだけで

とても楽しみだと話されていました。

 

このように普段と違う楽しみを提供することも

セラピストの役割ではないでしょうか??