EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

心不全に対する運動負荷セミナーが大人気!今週末開催!

運動療法を行う上であなたはリスク管理を行っているはずですが

あなたはリスクを恐れるあまり、適切な運動負荷をかけれていないのではないですか?

 

「自分は大丈夫」

 

そう思ったあなたは今一度、この記事を読んでみて

自分に問いかけてみてください。

 

※今週末大人気セミナー開催予定です。

seminar.ep-och.com


 

 

心リハで大切なことは、ギリギリのラインを見極めること

 

f:id:EPoch:20180529015242p:plain

 

 

心疾患のリハビリを行うにあたり、

まずは心不全という症状から確認しなければいけません。

 

 

病態がどのような症状を起こすのか、

そしてどのような薬を服薬しているのかを確認し、

理解しなければ、運動療法中に症状が悪化する可能性がありますよね。

 

フィジカルアセスメントをしっかりと確認できるかどうかが

治療のカギになります。

 

 

例えば、血中酸素濃度が急激に下がりチアノーゼが出現するとします。

 

あなたはどのような症状やフィジカルアセスメントが現れるか理解していますか?

 

 

このような症状が「何故出るのか」「出たらどうすればいいのか」

「どの範囲までであれば大丈夫なのか」を

理解して治療に当たらなければいけません。

 

 

運動療法のためには生理学を徹底的に理解すること。

 

楽しく続ける心リハ・エクササイズ―医師、心臓リハビリテーション指導士、患者様向け (心臓リハビリテーション指導士向け教育用ビデオシリーズ)

楽しく続ける心リハ・エクササイズ―医師、心臓リハビリテーション指導士、患者様向け (心臓リハビリテーション指導士向け教育用ビデオシリーズ)

  • 作者: メディックスクラブ府中支部,ジャパンハートクラブ
  • 出版社/メーカー: コンパス出版局
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

さて、「運動」を行うためにはどのようなことを考えなければいけないでしょうか?

 

前述したように、リスク管理は必須の知識です。

 

 

ですが、運動をするために必要な以下の知識も大切です。

  

  • エネルギーはどこから生み出されるのか。
  • 筋肉、心拍出量、呼吸の状態はどうなのか。
  • 疾患の病態はどのようになっているのか。

 

 

これらを徹底的に理解しなければいけません。

 

運動療法中に身体はどのような反応するのかを、

生理学的に理解することがとても大切です。

皆さん、苦手な方も多いかもしれませんが、

数字をきちんと捉えることが大事です。

 

 

リハビリ分野で簡単に確認できる数字としては

 

血圧、脈拍、呼吸数、SpO2

 

これらの数字が何を意味しているか、きちんと説明できますか?

呼吸数が上がればどうなりますか?

SPO2が下がればどうなりますか?

 

 

もちろん血液検査の情報もとても大切ですよ。

(例えばTP(総蛋白)が不十分なのに運動療法を行っても筋力はつかないですよね)

 

 

運動を行う、これはセラピストが患者様と共に毎日行うことですが、

安静時と運動時での変化を理解していなければいけません。

 

そうでないと、運動強度の設定はおろか、

リスク管理もできませんよ。

 

 

日々リハビリをする中で、これらを理解して

リハビリを行えているセラピストが、

1人でも多く増えてほしいですね。