EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

運動療法に必要な栄養学を理解しよう|リハビリで必要なカロリー量とは?

昔から脳を使うとおなかが減るのは

本当のことなのでしょうか?

 

実は脳は人が生きている限り最大のエネルギーを使うのですが、

カロリー消費量が多いというわけではないそうです。

 

脳を使うとブドウ糖を消費するのでダイエットになりそうですが、

脳のエネルギーはブドウ糖のみではありません。

 

勉強して消費される僅かながらのカロリーは

1分につき体重1kgあたり0,0295キロカロリーと言われています。

これをもとに性別、年齢を踏まえた上で勉強での消費カロリーを計算すると

おおよそ1kg体重を減らすには

7200キロカロリー必要と一般的に言われていますから、

1時間で減るカロリーを約100キロカロリーとすると

72時間の勉強が必要ということになります。

 

 

これは脳を使っていることで

カロリーが減っているという現象ですね。

ここに身体を動かすことで

得られるカロリー消費もかかってきますから

実際はもう少しカロリー消費される計算になります。

 

それをこれからお話したいと思います。

 

運動療法を行う前に知っておきたい脳の消費カロリーとは?

 

さて、ここで考えていただきたい事柄は

「脳が働くことでカロリーを消費する」ということです。

 

病院食や施設の食事ではおおよそ1500~1700kcalです。

 

前述したように、脳を働かせるのにカロリーは必要になります。

考えたり話したりすることでカロリーを消費しています。

勉強を1時間することで100kcal消費するとしていますが

高齢者が話したり考えたりすることも同様のカロリー消費をするとしたとして

1500kcalの食事摂取量であれば15時間ほどしか生活できません。

 

運動したり歩いたりすることによる消費カロリーって

本当にこれで足りているのでしょうか?

 

回復期でのリハビリでは一日3時間のリハビリを毎日実施します。

となると、カロリー量はそれだけでは足りないと感じませんか?

 

病棟で患者様が「あまり動きたくない」と感じるのも

意欲の問題、と片付けてしまうとそれまでですが、

栄養面に着目して評価する必要もあるかもしれませんね。

リハビリに必要なカロリー摂取量はいくらか?

 

70歳以上の高齢者の基礎代謝基準値は、

男性は21.5Kcal/Kg 体重/日、女性では 20.7Kcal/Kg 体重/日

と言われています。

 

高齢者の基礎代謝量は、(男性 22、女性 21)×体重(Kg)で、

これに活動係数を掛けると、必要エネルギー量になります。

リハビリをする際の活動係数は、ベッドサイドリハビリでは、1.2と言われ、

20 分の筋力トレーニングであれば、1.3 程度です。

1 時間の筋力トレーニングであれば、1.3~1.4 程度です。

例えば、75 際の男性で体重 50Kg の方に、

1 時間の筋力トレーニングをするのであれば、22×50×1.4=1540Kal となります。

 

 

結構カロリーが必要になりますよね。

さて、あなたの患者様はきちんと確保できていますか?

 

このように、リハビリに必要な栄養学の知識は、臨床で働くセラピストには必要です。
エポックではこの知識をわかりやすく解説していただくセミナーをご用意しております。

 

基礎から学ぶ運動療法の効果と運動生理学|リハビリに必要な栄養学や評価 – エポックセミナー


もしご興味がございましたらチェックしてみてくださいね。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com