EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

リハビリスタッフのための脳画像の見方が学べます。

f:id:EPoch:20191016072252j:image

私達セラピストは診断することはできませんが、

どの脳の部位に障害が起こっていて、

その部位の支配領域を理解していれば

自ずと症状を理解することができるようになります。

今日はそんなセミナーをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

脳画像はセラピストこそ見るべきです 
 

 

 

 

脳血管障害に関しては、梗塞や出血部位によって障害が異なってきます。

障害によっては、装具の作成や自宅退院時のサービス提供や環境調整を要したりする際に

貴重な情報源となってきます。

 

 

基本的な脳解剖や神経線維は学校で学んできたかもしれませんが、

実際に臨床に結び付けることができず困難だと感じていませんか?

しかし、脳血管障害の方を目の前にして、迷っている訳にはいきませんよね。

 

臨床でよくある流れですが、

医師の処方には診断名がしっかりと記載されているとします。

その場合、あなたは脳画像をきちんと確認していますか?

 

 

もしあなたにその知識がなくとも、

教科書などの書籍を見ながら、どこの部位が損傷や障害を受けているかを

確認していくでしょう。

当然ながら、その書籍にはどのような症状が出現するかなど記載されています。

 

そうすると、患者様に対峙した時に何をすればいいか

理解した上で対応することができるようになりますよ!!

 

 

 

 

回復期や維持期こそしっかり評価してほしい

 

 

 

 


 

脳血管障害の急性期病院では、脳画像を豊富に評価することができますが

回復期や在宅ではなかなか情報が回ってこない、

もしくは情報があってもどのように評価すればいいかわからないという悩みをよく耳にします。

 

病院に脳画像が無いという意見が聞こえてきそうですが

カルテには情報提供として必ず添付されているはずです。

あなたの患者様のカルテにも挟んでいませんか?

一度確認してみて下さい。

 

 

CDとして挟んでいるのか

それとも印刷して挟んでいるのかは差があるかもしれませんが

何かしらの情報提供はされているはずです。

 

 

まずはその情報を集めるところから始めてみましょう!!

誰しも初めては苦手なものなのです。

 

始めることから始まるのです。

ぜひやってみて下さい。

 

 

 

 

苦手は克服できます

 

 


脳画像の読影は難しい事かもしれません。

ブラックボックスと言われるくらいですからね。

ですが、だからこそ我々が理解を深めようとすることで

患者様によりよい医療を提供することができるようになるのです。

 

最初は皆苦手なものです。

 

ですが、苦手であることに対面して

きちんと学ぶ姿勢を持つことで

あなたの治療技術は更に進歩すると確信します。

是非試してみてくださいね!!!

 

関西のセミナーラインナップはコチラ↓

http://seminar.ep-och.com/seminar_area/kansai

関東のセミナーラインナップはコチラ↓

http://seminar.ep-och.com/seminar_area/kanto