EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

体幹は鍛えるべきではない?結果を出したいなら体幹は〇〇であるべきだ

ストレッチ, スポーツ, 女性, 運動選手, フィットネス, 健康, 運動

 

サッカーに限らずですが、10年以上に渡って体幹トレーニングが主流となっています。

しかし、日本のサッカー選手がどれだけ世界で活躍できているでしょう?
日本代表クラスでも欧州リーグの1部で活躍できている選手はほぼいません。

 

欧米の選手は生まれつき体格に恵まれているから?

 

実は、メッシやネイマールは決して恵まれているとは言えません。
他の選手も極端に大きい選手はサッカーにはいません。

 

では、何が違うのか?
どうすれば良いのか?

 

あなたは知りたくないですか??

詳しくはこちらをチェック!

seminar.ep-och.com

 

 

体幹をきたえるとパフォーマンスが落ちる

書き方は悪いかもしれませんが、体幹を鍛えすぎることは

あまりよくないと言われています。

 

一流のプロスポーツマンでさえ、体幹は固いものではなくより柔軟なものと言われています。

身体の使い方で知っておいてほしいこと5選を書いてみました。

1.安定・不安定とバランスの良い・悪いは違う
2.ドローインをすると動けないし、弱くなる。
3.体軸を作って脱力しよう
4.胴体を3次元で動かして柔らかい体幹を作ろう
5.股関節の捉えと肩甲骨の細分化で上下肢を柔らかくしよう

 



あの人気トレーナーもこのメソッドを学んで書籍を出版?

今、サッカー専門で注目を集めている理学療法士がいますが、

その理学療法士も実は波田野先生の受講生で

本の内容はほとんどが波田野先生のメソッドです。

他にも日本代表の長○選手について海外に渡ったトレーナーや

ヒップトレーニングで有名なトレーナーなど波田野先生の理論を学ぶトレーナーは数多くいらっしゃいます。

 


多くの選手が効果を実感。海外に飛び出した選手も。

現役Jリーガーがお忍びでトレーニングに来ることもありますし、

アマチュアの選手でも指導を受けてから「サッカーが上手くなった!」と

効果を実感し、中には「海外でやってみたい!!」と思うようになり

ドイツに渡ったという選手もいます。

担当しているジュニアのチームでも強豪チームを倒す

ジャイアントキリングを起こしたり、勝率もしっかりと上がってきたと喜ばれています。


関西で受講できる機会はほとんどありません。

 

 

この機会を逃したら次の開催はいつになるか全くわかりません。

指導者、セラピスト、トレーナー、選手、愛好家・・・レベルは問いません。

従来のトレーニング理論とは全く違います。

新しい可能性を知りたい方はぜひこの機会に受講してください。

 

講師の波田野先生は独自の視点からサッカーを紐解く

マニアックな内容でコアなサッカーファンから支持を得ている

テレビ東京『FOOT BRAIN』にも出演されています。

 

seminar.ep-och.com