EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

患者様を治せるかどうかは腕じゃない。◯◯を引き出せるかどうかだ

f:id:EPoch:20190613070843p:plain

同じ病気にかかったふたりの患者さんがいるとして、

それぞれの心がけ次第で、病気が治る、治らない、

という運命の分かれ道はあると思いますか?

 

「病は気から」

 

とよく言いますが、それが本当かどうかは

意外とよくわかっていませんでした。

 

しかし

「治る、治らない」

の違いは、

実は急性期医療において最もはっきりと分かれる

と言われています。

 

もちろん病気そのものの深刻さによりますが、

同じ程度であれば、どこまで治すことができて、

ここまでしか治らないということは、

担当する先生の腕にもよるわけです。

だからこそ、どの先生に当たるのか? 

ということが非常に大事になってきます。

 

 

しかし、良い先生に診てもらったから

必ず治るということではありません。

 

心がけが良い患者さんのほうが治る可能性は高くなり、

そうではない患者さんは可能性が低くなります。

 

いい治療のためにはどのような心がけが大切なのか

 

たとえば病気によって障害が出たような場合、

どのくらい回復させられるか、というのは、

患者さん自身が

「回復したい」

という意思を持っているかどうか、

ということが何よりも大切です。

 

いくら良い先生のもとで治療を受けることができても、

患者さんに

「良くなりたい」

という気持ちが

あるかどうかで結果は変わります。

 

極端に言えば、

患者さんが「治したい」と思わなければ、

そこで全てが終わってしまう可能性もあります。

 

その医師やセラピストを信頼しているか、

という点も重要です。

「担当の先生を信じることができない」

「先生に任せる気持ちになれない」

という場合には、

治療もうまくいきません。

 

患者さん本人が「病気を治したい」と本気で思い、

かつ医師を信頼しているということが決め手になるのです。

 

したがって、

「任せる気持ち」になれる病院・医師・医療チームを選ぶ、

もしくは選んでもらう努力をすることが、

「治療」の第一歩です。

 

さらに、患者さんの退院後の人生を考えると、

本人だけでなく家族も心からそれを願っているか、

ということも大切です。

 

家族の支えが回復への大きな原動力になります。

すなわち、

治療チームに患者さんと家族が一緒に参加して、

初めてチーム医療になります。

 

私はセラピストとして、急性期病院、回復期病院、

そして、慢性期病院のさまざまな現場を見てきました。

どのような現場であっても

患者様の意欲を引き出せるセラピストや医師

コメディカルスタッフがいるかどうかで

患者様の回復度合いは変わります。

 

患者様を治せるかどうかはあなたにかかっています。

ラポールの形成がきちんとできていますか?

今一度自分を問いかけてみてください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

メディカル整体院 SpAid

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#ラポール#信頼#エポック