EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

AEDの使い方を学んでみんなで救おう!

「AED」の画像検索結果

皆様は自動体外式除細動器(AED)を正しく使うことができますか?

 

病院外での心停止は様々なところで起こっており、

今や身近な存在となってきました。

 

しかしながら意外とどこにあるのか

どうやって使えばいいのかを知らない人もおり

消防隊や病院、市民講座などで講習会が行われている一方

まだまだ認知が少ないのが現状ではないでしょうか?

 

市民による応急処置がなされた心停止患者様は

AEDを用いられた除細動実施率はわずか10%にとどまっているようです。

 

先日国立循環器病研究センターでの発表では

院外心停止は公衆衛生上の重要な問題であり、本邦において年間約110,000件発症しています。蘇生科学の目覚ましい発達にも関わらず、社会復帰率は約7%前後と極めて低く、社会復帰率改善は先進諸国の喫緊の課題です。

とのことでした。

まだまだ認知されているとは言いがたい現状ですね。

 

AEDを使わなければ松村邦洋さんは亡くなっていたかも

有名人の松村邦洋さんが東京マラソン参加時に心肺停止で倒れた

というのは覚えておられる方もおられるのではないでしょうか?

 

2009年の東京マラソンで急に足を止めて後ろに倒れてしまいました。

口から泡を吹き、目はうつろな状態で倒れて意識消失したと報じられていました。

 

心臓停止では3分で、呼吸停止では10分停止で死亡率が5割を超すといわれている心停止において、早急に処置をされたのが功を奏したようですね。

 

電気ショックを与える自動体外式除細動器AEDを使用して

無事意識を取り戻されたようです。

 

大事なことは、

医師が近くにいたから処置が間に合ったのでしょ?

ということではなく、

このAEDは一般市民によっても使用が可能です

ということです。

 

 

AED普及について学生時代から学ぼう

心臓突然死はいつでも誰でもどこにでも起こる可能性があります。体育の授業や教室、またスポーツの最中に、大切な生徒が、友人が、チームメートが倒れるかもしれません。いざというとき誰もが助けることができるように、心臓マッサージ(胸骨圧迫)とAEDの使い方を授業や練習メニューに取り入れませんか。

このように日本心臓財団は呼び掛けています。

小学校や高校など学生時代からAEDの必要性や

使い方について学ぶ機会があってもいいと思います。

なぜなら学生時代のほうが活動的ですし

その時に起こる問題を学生たちが解決できる世の中になれば

皆で対応できると思います。

 

一部の学校では毎年必ず行われている学校もあるようです。

ぜひこのような課外活動を取り入れてほしいものですね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

メディカル整体院 SpAid

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック#AED#リスク管理#心肺蘇生