EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

自立した生活を促したいけど見守りが外せない、そんな悩みを解決しましょう

「杖 フリー素材」の画像検索結果

 

「歩行はできるけどなかなか自立に至らない」

 

「どこかふらふらして目が離せない」

 

リハビリ現場において安定性、安全性の向上ができなければ

自立した生活が送ることができず、常に見守りが欠かせません。

 

見守りが欠かせないと家人や施設スタッフの手がかかってしまいますよね。

姿勢維持が獲得できないと悩んでいるあなたにおすすめのセミナーをご紹介しましょう。

 

 

seminar.ep-och.com

 

バランス能力を高めるために必要なのは過度な接触を避けること

 

 

日常生活を不都合なく送れるようになれること…

患者さん・クライアントにとって共通した課題だと思います。

 

そして、動作を再獲得し、社会復帰するためには

患者さん・クライアントは、

自ら実行できる能力を身につけなくてなりません。

 

 

いつまでもこちらが介助をしていると

患者様は自ら動作を行えるようにはなりません。

なぜなら患者様はあなたの介助に依存してしまうからです。

 

だからこそ、治療の中で過度の接触は避けておくのが無難です。

 

 

このエポックセミナーでは

 

・バランス能力を獲得するために必要な神経系の理解ができます

・立位、歩行における安定性、安全性に必要な知識が理解できます

・Hands On(接触介助)からHands Off(見守り)に移行するために必要なことを理解できます

・実技を通じて治療技術を高めることができます

 

 

 

運動を促すのと介助することは異なる

 

 

ハンドリングによるセラピーからの脱却

【Hands On(接触介助)からHands Off(見守り)】がこのセミナーの目標です。

 

Hands Onは患者さん・クライアントの身体に手をあて、運動を促します。

Hands Offは文字通り、患者さん・クライアントの身体から

セラピストは手を離すことですが、やみくもに手を離しても、

能力を身につけたことにならないので、注意が必要です。

 

「床から物をとるときのバランス・姿勢保持」

「ベッドから起き上がるためのバランス・姿勢保持」

 

これらは臨床の中で問題点になりやすいADL場面です。

過度の接触介助によりあなたは患者様の自立を阻害していませんか?

 

 

ですので運動を促すのと介助することは異なるということを覚えておきましょう。

 

本セミナーでは患者様が自立した生活を送るために必要な

治療の進め方に加えて、バランス能力の獲得につながる

ハンドリングをいかにすれば獲得できるかを実技を通じて学べますよ。

 

詳しくはこちらのセミナーをチェック!!

seminar.ep-och.com

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

メディカル整体院 SpAid

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック#セミナー

#ハンズオフ#バランス#アプローチ#治療