EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

脳血管障害の治療は〇〇に立ち返ろう

「歩く 写真 フリー素材」の画像検索結果

 

脳血管障害の患者様の治療を行うときに

連合反応がなかなか邪魔してうまく歩行動作を獲得できない

そういった悩みを抱えているということはありませんか?

 

そうした時には、まず歩行動作ではなく、起居動作や座位でのリーチなど

もう少し安定した位置での動作練習に立ち返って

治療プログラムを立案することをお勧めします。

 

seminar.ep-och.com

 

体性感覚が及ぼす影響について

あなたは崖のそばで立ったことはありますか?

そんな時あなたの身体はかかとに重心がかかっていたはずです。

それはなぜか?

つま先に重心をかけると、前の崖のほうに倒れて落ちてしまいそうになるからですよね。

 

その状態で後ろから前に押されると

自然とかかとに重心が乗ってしまいます。

怖いですよね。想像するだけで怖いです。

 

でも片麻痺患者様ってこういう環境下にあるって知っていましたか?

 

脳血管疾患は半身の知覚情報が少ない、もしくはない状態のため、

健常者でいう半側が浮いた状態と同義であり、

筋活動も低く代償動作が出来ません。

 

よって非麻痺側で何かを掴んだり、

身体を固めてしまうという状況を作り出しやすいんです。

 

そうすることで、自分の身体がここにある

非麻痺側の感覚を強固にすることで、

自分の身体と環境との位置関係を認識するのですね。

 

だからこそ、支持基底面の小さい立位姿勢や歩行動作では

自分の身体を外界と認識するためには

全体的に固めて動きずらい状況にせざるを得ないんです。

 

ではその状況をどうすればいいかというと

支持基底面が大きい姿勢から

自分の身体を認識しやすいトレーニングを行う必要があるのです。

 

座位や臥位姿勢に一度立ち返ってみませんか?

 

脳卒中の患者様の寝返り動作を見ると

体幹の過剰な伸展活動により

支持基底面をより広げることで安定性を確保しよう

という動きが特徴的です。

その姿勢では左右への重心変移はできないばかりか

より動作を阻害してしまいます。

寝返り動作に対する治療方法について~背臥位姿勢~ - EPoch Official Blog

 

 

 

脳血管の治療は運動学に立ち返って考える

どのようなセミナーでもそうですが

まずは解剖学、運動学、生理学に立ち返って考えてみることが大事です。

 

これをしていれば大丈夫、これが重要という

手技至上主義の考え方はやめましょう。

それでは考え方が偏ってしまいます。

 

どの先生も「まずは運動学」を理解することが大切だと話されています。

 

整形外科疾患の治療も脳血管障害の治療も同じです。

運動学的な思考を持つこと

一流のセラピストになるためには、

この技術を身につける必要があります。

 

あなたも目の前の患者さんを良くしたい、

そう感じるのであれば、基礎医学を治療の中に組み込んで

考えられる思考を身に着けてみてみてくださいね。

 

藤野先生のセミナー受講生からは

 ・今回は脳卒中というテーマでしたが、整形の方にも使える内容だったので良かったです。 

・実技が多くてわかりやすかったです。

といったとても喜びの声がたくさんいただいています。

 

藤野先生はエポックセミナーにて年2~3回ご登壇頂いています

藤野 文崇 先生 | セミナー情報エポック

 

ぜひあなたに自信をもって紹介できるセミナーになっていますので

ご参加をお待ちしています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

メディカル整体院 SpAid

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック#セミナー

#支持基底面#脳卒中#運動学#体性感覚#背臥位#治療#アプローチ#エポック