EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

その頭痛、眼精疲労によるものではないですか?

現代社会において、パソコンやスマートフォンは欠かせないものになってきています。

スマートフォンの普及率は2017年における個人のモバイル端末の保有状況を見ると、

スマートフォンの保有率が60.9%

モバイル端末全体の保有率は84.0%

というデータが出るほどです。

 

つまり、体の酷使よりも目の酷使のほうが多いといっても差し支えないのではないでしょうか?

 

メンテナンスをしなければいけないのは

肩や腰ではなくて、もしかすると目かもしれませんね。

 

肩がこるというあなたは「頭皮のコリ」にも要注意 - EPoch Official Blog

 

 

眼精疲労が起こす様々な問題について

 

前述したように、眼精疲労は現代社会において

新しい問題点になりうると思います。

 

では眼精疲労とはどのような筋肉が問題になりやすいのか?

はたまたどういった症状が出やすいのかをおさらいしてみましょう。

 

眼精疲労を起こす筋肉は毛様体という筋肉を酷使します。

ものを見るとき、目の水晶体という部分の厚みが変化してピントが調節されます。

水晶体の厚みを変化させるのは、この毛様体筋です。

遠くを見るときは、毛様体筋の緊張がゆるみます。

逆に、パソコンなど近くのものを見るときには、

毛様体筋が緊張するのです。

また、スマホなどパソコンよりも近くのものを見ると、

毛様体筋がさらに緊張します。

f:id:EPoch:20200124065504p:plain

 

また、毛様体筋だけではなく、この目を酷使すると

自律神経にも影響が出るのです。

 

人は活動的になると自律神経が活発になります。

自律神経が活発になるということはリラックスとはかけ離れた状態になりますよね。動いているんですから。

そうすると、休んでいても休めていないという状況ができてしまいます。

 

仕事が終わって家に帰ってリラックスしていても

実はスマホやパソコンをじっと見ているということは

毛様体筋を酷使しているのです。

 

これではリラックスしているとは言えません。

 

 

眼精疲労を回復するためには?

眼精疲労を抑えるためには、スマホの使用時間を制限したり

パソコンとの距離をとったりすることが大事です。

 

またモニターの明るさを調整したり、

目のツボ押しマッサージも有効ですね。

目の周りのツボはこめかみのところや眉間の間、

瞼の上などをゆっくりマッサージしてあげるといいです。

 

また、最近はやりの小豆を使ったアイマスクなんかも効果的です。

 

目をリラックスしていくには温めることも重要です。

目の周りの血行が改善しますので、リラックスすることができます。

 

あとは、コンタクトレンズの度があっているかどうかを

定期的に眼科で検査するのもいいですね。

度があっていないと毛様体を常に酷使することになりますから。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

メディカル整体院SpAid伊丹店ご予約はお電話・メール、ホットペッパーでも受け付けております!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/E/EPoch/20181223/20181223153357.png

 

ホットペッパーでのご予約はコチラから

 

 

\Google口コミ募集中/
下記リンクから投稿お待ちしています!
http://g.page/spaiditami/review

\LINE@はじめました/
URLから↓

http://nav.cx/asjqwBq

ID検索↓
@693ceenk

\メディカル整体院SpAid伊丹店公式Instagram/

https://www.instagram.com/spaid.itami/
簡単なストレッチなどの動画をUPしております。
フォローお待ちしています!

 

メディカル整体院SpAid伊丹店
兵庫県伊丹市南町4-5-23
阪急稲野駅より徒歩4分

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

メディカル整体院 SpAid

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック

#伊丹#尼崎#肩こり#腰痛#マッサージ#姿勢改善#疲れ解消