EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

筋膜リリースをしてるならトリガーポイントを覚えておこう!

皆さんはクリニックや整形外科、

はたまた外来患者様がお越しになられる職場で働かれていますか?

 

であればトリガーポイントリリースの技術を学んでおくことをおすすめします。

 

それはなぜか?

 

昨今人気急上昇中の筋膜リリースを効率よく行うことができる手技だからです。

 

 

関連痛という考え方を覚えよう

関連痛という言葉をご存じでしょうか?

問題となっている部分は実は痛みが出ている部位と異なる部分にあるという考え方です。

 

例えば画像のように股関節付近にできるトリガーポイントが

膝に痛みを起こすということは多々あります。

 

他にも腰背部痛のトリガーポイントは

中殿筋や小殿筋であるということは有名な話ですよね。

 

このように症状が出ているところを触らずに治療することが、

筋膜リリースやトリガーポイントリリースでは可能となります。

 

肩こりが関係する症状って何?

seminar.ep-och.com

 

外来患者様の症状として

めまい、耳鳴り、頭痛、吐き気

これらの症状を訴えられる患者様はおられませんか?

 

整体院で患者様を対応していると、

このような症状を訴えられる患者様が多く見られます。

 

そしてことごとく何とかしてほしいというお話を伺いますが、

皆様の職場ではいかがですか?

 

 

それは内科的な話だから・・・

とか

薬の副作用では??

とか

 

こう考えることもできますが

実はこれは頭頚部の可動域制限やアライメント異常、

そして筋膜の影響によるものかもしれません。

 

他にも例えば胸鎖乳突筋は

後頭部痛や顔面痛、耳の痛み、あごの痛みなど

様々な疼痛領域を持っています。

ですがなかなか胸鎖乳突筋が

治療の対象になることが少なくありませんか?

 

同じように肩こりは慢性的な筋疲労として理解されていますが、

実はこれは早期に対処しておかないと

あとあと問題となる症状が多数現れます。

 

実はめまい、耳鳴り、頭痛、吐き気

 これらを訴える患者様に共通するのは肩こりという症状です。

 

肩こりを馬鹿にしてはいけません。

肩こりから始まる症状はたくさんあるのです。

 

マッサージ師にはなりたくないあなたへ

近年では強い刺激の筋膜アプローチは

「挫滅マッサージ」

と言われてしまう傾向がありますが

それが間違いであるということがわかります。

 

国民病としても認知されている肩こりは

きちんと筋膜をリリースしていくことで、

効果は抜群に働きます。

 

その効果的なアプローチをするためにはどれくらいの強さで押せばいいのかという悩みも尽きないことでしょう。

 

ぜひこのセミナーを受けて体感してみてくださいね。

 

トリガーポイント療法における頭頸部痛の評価・触診・治療 | セミナー情報エポック

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

メディカル整体院 SpAid

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック

#セミナー#筋膜リリース#トリガーポイント#治療#アプローチ