EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

疲れが取れないあなたには積極的休養をおすすめします

気分爽快!フリーランスのリフレッシュ | THE LANCER(ザ・ランサー)

 

 

先日、整体院の患者様より、

「なんでストレッチをしたら疲れが取れるのはわかるけど、軽い運動でも取れるのですか?」

という質問がありました。

 

これはこの患者様が自分で自分の身体を積極的にメンテナンスを行ってくださっているからこそ、出てくる疑問でもあり

こちらとしてはとてもうれしい質問内容でした。

 

なぜなら理解度が高まれば、患者様の回復にも拍車がかかるわけですから。

 

皆さんは

疲れが取れる=疲労回復には、2種類あることを知っていますか?

そしてそれをきちんと説明できますか?

 

 

積極的休養と消極的休養を理解しよう

 

休養には2種類の休養方法があります。

それは積極的休養と消極的休養です。

 

積極的休養とは、ウォーキングやランニング、ジムに通ったりラジオ体操したりと自分の身体を動かしながら、

適度な運動を行うことで体循環を促進させ、日ごろの疲れを洗い流すという意味になります。

 

消極的休養とは、いわゆる睡眠になりますね。

毎日の仕事の疲労感を寝だめして、今日は寝るぞ!!!

という意気込みで半日寝続ける、なんてことは最近ありませんが、いわゆるリラックス状態を指します。

 

消極的休養は皆さん理解はしてくださいますが、

積極的休養はなかなか実践されることは少ないのではないでしょうか?

 

社会人になると仕事の疲れがたまって動きたくない、なんてことはあると思います。

 

ですが、体の疲れを取るためには積極的休養も消極的休養も

とても重要な役割を果たすのです。

 

 

疲れを「洗い流す」積極的休養を積極的に使おう

私は積極的休養を「疲れを洗い流す」という表現をよく使います。

 

皆さんは痛みが発現するとそれが回復していく過程を知っていますでしょうか?

痛みの誘発物質が発現すると、最初は冷やすことを推奨されます。

それは痛みの誘発物質の発現を抑え込む必要があるからです。

そして炎症反応が落ち着いてきたあとには温熱療法として温めるという過程を取ります。

 

この温熱療法とは、体を温めるという作用になります。

 

身体を温めると血管が拡張して血液流量が増大します。

増大した血液流量に痛み誘発物質を乗せて流すことが重要になるのです。

 

ということは、運動することで心拍数や血圧が上がることで血液流量が増大するので疲れや痛みが流れていくと思いませんか?

 

これについては安静や眠りではなかなかとり切れるものではありません。

 

だから積極的休養というものが重要になるのです。

 

皆さんも次の休養では軽い運動で汗を流して日頃の疲れを洗い流してみませんか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

blog.ep-och.com

 

f:id:EPoch:20200318220501p:plain

 

EPoch Body +のご予約は

お電話・メール、LINE@でも受け付けております!

 

\Google口コミ募集中/
下記リンクから投稿お待ちしています!
http://g.page/spaiditami/review

 

\LINE@友だち募集中/
URLから↓

http://nav.cx/asjqwBq

ID検索↓
@693ceenk

  

EPoch Body +(エポックボディプラス)
兵庫県伊丹市南町4-5-23
阪急稲野駅より徒歩4分

TEL:072-770-1659

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック

#伊丹#尼崎#肩こり#腰痛#マッサージ#姿勢改善#疲れ解消

#積極的休養#消極的休養#疲れ#ジョギング#ストレッチ