EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

今だから知っておきたい誤嚥性肺炎の基本のキ

ご高齢者の食べる能力に合わせた食事とは? 食形態から考える介護食 ...

 

 

肺炎は、現在日本人の死亡原因第5位という高い割合を占めています(平成30年調査)。

入院を要した高齢患者の肺炎の種類を調べたデータによると、

80歳代の約8割が誤嚥性肺炎、90歳以上では9.5割以上が誤嚥性肺炎

と報告されています。

つまり、後期高齢者の肺炎のほとんどは誤嚥性肺炎だと捉えられます。

 

肺炎による死亡者の96.8%が65歳以上、

肺炎が原因で亡くなる60歳以上の高齢者のうち96%が誤嚥性肺炎である

というデータもあります。

 

理学療法士・作業療法士だから、

言語聴覚士ではないから、

とあまり嚥下機能に足して関心を持たないセラピストの方も多いかと思いますが、

こういう面に視点を持つことも、リハビリテーションの提供において今後重要になってきます。

 

 

 

誤嚥性肺炎とは

物を飲み込む働きを嚥下機能、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。

誤嚥性肺炎は、嚥下機能障害のため唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に細菌を気道に誤って吸引することにより発症します。

(日本呼吸器学会HPより引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=11

 

 

また、胃の中身を嘔吐し、消化液である胃液を吸い込んだ時におきる肺炎で、主たる原因はことでおきるメンデルソン症候群という化学性肺炎もあります。

 

ここで知っておいてほしいのが、医療・介護関連肺炎です。

 

医療・介護関連肺炎(NHCAP)とは、

2011年に定められた市中肺炎、院内肺炎に続く新しい肺炎の概念です。

特徴的なのは難治性・再燃性で、予後が不良と考えられる高齢者に多い点と、

薬剤耐性菌による肺炎である点です。

 

NHCAP の定義

1.長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している

2.90 日以内に病院を退院した

3.介護を必要とする高齢者,身障者

4.通院にて継続的に血管内治療(透析,抗菌薬,化学療法,免疫抑制薬等による治療)を受けている

 

NHCAP の主な発症機序

1.誤嚥性肺炎

2.インフルエンザ後の二次性細菌性肺炎

3.透析などの血管内治療による耐性菌性肺炎(MRSA 肺炎など)

4.免疫抑制薬や抗癌剤による治療中に発症した日和見感染症としての肺炎

(医療・介護関連肺炎 診療ガイドラインより引用)

 

 

誤嚥の機序

嚥下は、

①食べ物を認識する「先行期」

②口腔内で食べ物を噛んで細かくする「準備期」

③舌の運動により食べ物を口腔から咽頭に送る「口腔期」

④嚥下反射により食べ物を咽頭から食道に送る「咽頭期」

⑤食道の蠕動(ぜんどう)運動により胃まで運ぶ「食道期」

これらの機能のどこかが障害を受けることで、嚥下障害が起こります。

 

「誤嚥」とは、この機能不全により、食べ物を口にした時に間違って食べ物が気管に入ってしまうことです。

 

誤嚥には

「頸性誤嚥」と「不頸性誤嚥」があります。

 

特にリスクが高いのは「不頸性誤嚥」です。

不頸性誤嚥は、ムセ等の症状が出ないため、誤嚥しているかどうか見た目では判断しづらいため、

誤嚥を見逃してしまう可能性が非常に高いです。

 

嚥下機能の評価:反復唾液嚥下テスト(RSST)

30秒で何回唾を飲めるかどうかを測るテストです。

このテストの良い所はすごく簡単で道具が要らないことです。

2回/30秒以下を陽性とし、3回以上を正常とします。

 

誤嚥性肺炎の原因とは

誤嚥性肺炎を起こす大きなポイントとしては

①喀出力

②免疫力

③防衛体力

の3つです。

誰でも時には誤嚥をします。

健康な若年者も誤嚥することはあります。

しかし、この3つのポイントが弱っている人は肺炎になりやすいのです。

 

誤嚥性肺炎の原因としては

  • 意識・注意の低下
  • 器質的異常(骨・脳血管障害など)
  • 臥床・産後などによる廃用
  • 経鼻チューブ
  • 挿管チューブ・気管切開
  • 口腔内環境の低下
  • 胃食道逆流
  • 咳嗽反射の低下
  • 肺疾患

そして

  • 低栄養(サルコペニア)

です。

 

肺炎の治療として、よく上がってくるのが

・絶食

・抹消ルート管理

・抗生物質投与

です。

しかし、高齢者や低栄養、サルペニアによって嚥下機能が低下しているが誤嚥性肺炎を起こした時、

このような処置をしてしまうと、低栄養によってさらに体力も機能も低下してしまいます。

誤嚥性肺炎の治療においては、栄養管理が特に重要です。

 

【併せて読みたい】

リハビリテーションと栄養を今一度考えたい - EPoch Official Blog

 

こんな人は要注意 誤嚥性肺炎のリスク因子

以下の人は嚥下障害、誤嚥のリスクが高くなります。

①やせているか

②目が覚めているか

③声は出るか

④猫背か

⑤痰はたくさん出るか

⑥口の衛生状態(乾燥)

⑦喉仏が下がっているか

⑧首は動くか

 

嚥下機能のミクロな評価だけではなく、

このようなマクロの評価も重要な因子となります。

 

誤嚥性肺炎予防のためにできること

口腔ケアの徹底

臥床傾向の患者さん、意識レベルが低い患者さんは特に口腔環境が悪化しやすいです。

リハビリの場面では、相対的に痰の喀出や唾液分泌が増えやすくなります。

理学療法士・作業療法士であっても、口腔環境の評価を行い、

必要があれば口腔ケアを行った上で、リハビリを提供することで、

誤嚥性肺炎を未然に予防することも必要なことがあります。

 

食事姿勢の評価・シーティング

誤嚥を起こす大きなリスクとして、食事時の姿勢があります。

 

食事時のダメなポジショニングのポイントとして、以下のことがあげられます。

①首が上を向いている

②テーブルが高すぎる

③円背

④体幹が安定していない

⑤足底が床についていない

⑥仙骨座り

 

あまり食事の様子を評価するセラピストは多くいませんが、

良い姿勢を評価できるのは理学療法士・作業療法士です。

 

 

患者さんの生活すべてがリハビリです。

 

このことをもう一度考えて、

患者さんとの関わりを意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック

#誤嚥性肺炎#嚥下#誤嚥#肺炎#栄養#リハビリテーション栄養#リハ栄養