EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

理学療法士・作業療法士が提案|仕事効率を上げる秘訣!朝の1分から始める瞑想のすすめ

f:id:EPoch:20200517171730j:plain

 

「瞑想」はGoogleなどの大手企業でも取り入れられており「瞑想の効果」が近年、各企業や理学療法士・作業療法士といったリハビリテーション業界でも注目されています。

具体的に瞑想ってどうしたらいいの?

 

何か特別な方法があるのでは?

 

時間どれくらいやったらいい?

 

など、

「実際に瞑想をやってみるまでには至らない」

という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は入門編として、

朝の業務前などで行える、

「ほんの数分で出来る瞑想のやり方

をお伝えしていきます。

 

blog.ep-och.com

 

理学療法士・作業療法士が提案する「朝の瞑想で嬉しい効果」はこんなにあります

f:id:EPoch:20200322103927p:plain

1)集中力がUPする

瞑想とはまさに、

「1つのことに集中すること」

です。

 

人は「気が散っていると集中力が低下する」という研究結果も明らかになっています。

 

忙しい毎日では色々な雑念が出てきてしまうため、脳はいつも働き、疲弊しています。

 

なぜなら、

自身が「考えている」と意識している事柄だけでなく、

無意識下でも脳は働き色々な情報を処理している

からです。

 

意識下・無意識下で働いている脳の働きを休めさせて、

一点に集中できる練習を瞑想の中でしていきます。

 

2)疲れにくくなる・疲労感の軽減

夜遅くまでスマホやパソコンを見ていると、

交感神経が活発になり睡眠中も脳が活動している状態になる

ため、充分な休養を取ることができません。

 

「たっぷり寝たと思ってもなんだかすっきりしない。」

と感じている貴方は、身体の休息が取れても脳の休息が取れていない状態になっているのです。

 

瞑想はそんな疲れた脳を休ませるのに最適な方法なのです。

 

朝の数分だけでも瞑想して脳を休ませるだけで、

一日スッキリとした気分で過ごすことができますよ。

 

3)効率的な時間の使い方が出来るようになる

仕事をしていると、たくさんやらなくてはいけないことが出てきます。

 

仕事の業務やそれ以外にやることもあるでしょう。

 

日常の誘惑もたくさんあります(例えば甘いお菓子とか・・・)

 

あれもこれもに気を取られていると、

どれもが中途半端になり、逆に仕事が片付かなくてイライラしてしまう

という悪循環が生まれます。

 

瞑想をすることで、それぞれに優先順位をつけやすくなり、

「今、何をすべきか」ということに集中して取り組める

ようになるため自然と効率的に仕事を進めやすくなります。

 

病院、訪問リハビリ勤務でも出来る!瞑想をするのに特別な場所は必要ありません

f:id:EPoch:20200316091829p:plain

瞑想をするには、

「蓮華座」

という特別な座り方をするのが一般的と言われていますが、

この坐法は股関節を中心とした身体の可動域が必要となります。

 

無理に足を組もうとすると膝などを痛める原因となるため、

本来であれば、

身体をほぐして整えた上で長時間深い瞑想を続ける

ことが理想的と言われています。

 

しかし、朝にそんなことをしていてはどれだけ時間があっても足りないですよね。

 

瞑想は、

必ずしも蓮華座を取らなくてはいけないという決まりは無い

のです。

 

椅子に座っていても」構いません。

 

寝転んでいても」構いません。

 

また、

歩く瞑想

というものもあるのです。

 

安定して身体を落ち着けるところがあれば、家でも職場でも瞑想は出来るのです。

 

忙しい理学療法士・作業療法士・言語聴覚士でも出来る!瞑想は長時間行う必要もありません

f:id:EPoch:20200509222121p:plain

姿勢を保つのが苦痛でなければ、

できる限り長時間行う方が勿論、瞑想の効果は高いです。

 

しかし、慣れていないと・・・

 

「長時間その姿勢を保つことができない」

 

「そもそもそんな時間を取れない」

 

という風に、

 

「現代人はじっとしていることがとても苦手」

 

なんです。

 

そこでおすすめなのが、

「まずは1分瞑想」

なのです。

 

段々と慣れてきたら3分、5分、10分と伸ばしていくと、より瞑想の効果が実感できることでしょう。

 

リハビリ業務の効率アップに!深い呼吸が瞑想に繋がる

瞑想とは何かに集中することです。

 

瞑想を初めて実践する方で一番意識しやすいのは、

「ずばり呼吸」

です。

 

普段の生活の中で呼吸を意識することがどれだけあるでしょうか?

 

まずは目を閉じて、自分の呼吸を観察してみましょう。

 

「吸う息と吐く息の長さに違いはあるのか?」

 

「その呼吸によって体はどう動いているか?」

 

ただし、無理に呼吸や身体をコントロールしてはいけません。

「コントロールするということは頭で考えている」

ということだからです。

 

呼吸に意識を向けることが出来てきたら、

その思考すら手放してみます。

 

自然な呼吸に身を任せて座っているだけで、

ほんの少しですが、

「集中している状態」を作り出すこと

ができます。

 

【最後に】忙しいリハビリ職でも、余裕があれば「瞑想」に加え、身体を動かすこともオススメです!

f:id:rehast:20190415165305j:plain

身体が整うことで心は集中しやすくなり、

より雑念の無い落ち着いた心で瞑想を深める

ことができます。

 

朝は、

胸を開くようなストレッチを取り入れていくことで、

より気持ちも前向きになり一日の始まりを迎えることができます。

 

「毎日の仕事で疲労が取れない・・・」

 

「仕事に追われて毎日、気持ちが落ち着かない・・・」

 

「休みの日も仕事のことを考えてしまいリフレッシュできない・・・」

 

という貴方こそ 、

あわただしいと思える朝の時間に、

ゆったりと呼吸をして落ち着く時間

を作ってみてはどうでしょうか?

 

仕事の効率がアップすることで疲れ具合も変わり、休日の過ごし方・気持ちの変化も表れ、充実した生活が送れるようになりますよ!

 

blog.ep-och.com

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #エポック #兵庫 #伊丹 #尼崎 #仕事 #効率 #ストレス #瞑想