EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

認知症とリハビリテーションの関わり方

f:id:EPoch:20200530011302j:plain

 

高齢化社会に伴い、必ず出てくる問題が「認知症予防」です。

認知症に対してのリハビリテーションは、

病院だけでなく、地域に広がり、

リハビリテーション職種だけでなく、地域の人々とのかかわりを深めながら

様々な形でのアプローチが生まれています。

 

 

 

日本の認知症患者の現状

厚生労働省の発表によると、

日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、

65歳以上の高齢者の約7人に1人の割合と言われています。

 

今後高齢化がさらに進んでいくにつれ、認知症の患者数がさらに膨らんでいくことは確実です。

 

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、

65歳以上の高齢者の約5人に1人を占める見込みだそうです。

 

ただし、これは受診して認知症と診断された人だけの数字です。

症状は出ているのにまだ受診していない、

潜在的な患者数も含めると、数はもっと多いはずです。

 

 

認知症の症状は?

認知症の世間のイメージは、俗に言う「ボケ」と思っている方も多いと思います。

例えば、人の名前がわからなくなったり、物の場所がわからなくなったり、といったことです。

本当はそれだけではありません。

 

認知症には中核症状と、周辺症状と呼ばれるものがあります。

 

認知症の中核症状

 

①記憶障害

加齢によるもの忘れと認知症の記憶障害には違いがあります。

 

・短期記憶ほど失われ、長期記憶は保たれやすい

例えば、さっき食べた食事の内容や、片づけた物の位置は思い出せないけれど、

子供の頃住んでいた住所や、折り紙の折り方などは忘れにくいという傾向があります。

・体験を丸ごと忘れてしまう。

単なるもの忘れの場合、体験したことの一部を忘れてしまうだけで、ヒントを与えれば思い出せます。

認知症の場合は体験したこと自体を忘れてしまうパターンが多いです。

・物忘れを自覚できていないことが多い。

 

②見当識障害

時間や場所、人間関係など、自分の状況を把握することを「見当識」といいます。

時間→場所→人間関係、の順に障害されることが多いと言われています。

 

③遂行機能障害(実行機能障害)

計画を立て、物事を順序よくこなしていくことが難しくなります。

複数の作業を同時に行うことも難しくなります。

 

④理解・判断力の障害

物事を理解するのに時間がかかるようになり、判断が難しくなります。

 

⑤失行、失認、失語など

 

認知症の周辺症状

①不安・抑うつ

②認知症による徘徊

③弄便(ろうべん)(便をいじったりする行為)

④物盗られ妄想

⑤認知症によるせん妄

⑥幻覚

⑦暴力・暴言

⑧介護拒否

⑨失禁

⑩睡眠障害(不眠、昼夜逆転など)

⑪帰宅願望

⑫異食(食べられないものを食べてしまうこと)

 

などがあります。

 

周辺症状は、一見いきなり現れるように感じてしまいますが、

ほぼ全ては中核症状が原因によるものです。

 

誰だって記憶がなくなったら不安になりますよね?

言いたいことが言えない時、イライラいしますよね?

 

それと同じです。

認知症の方はそれが少し強く出てしまうだけなのです。

 

しかし、家族・介護者側が悩まされてしまうのは、実は周辺症状の方だったりします。

 

リハビリテーションの力で認知症を予防する

認知症のリハビリテーションには、

・音楽療法

・アニマルセラピー

・回想法

など様々な手法がありますが、

最もポピュラーなのは

生活に即したリハビリテーションです。

 

料理や手作業、会話の提供など、

日常生活で行う作業すべてがリハビリテーションととらえます。

自分で靴を履く、自分で皿を片付ける、

そういった行動一つ一つがリハビリになるのです。

 

訪問看護や訪問リハビリといった在宅の現場でも、

この考えを活かし、認知症のケアへ取り組んでいます。

 

blog.ep-och.com

 

 

地域の力で認知症を予防する

そもそもなぜ認知症になるのでしょうか?

 

認知症が増加している背景には、

現代の生活スタイルが関係していると言われています(特にアルツハイマー型)。

その生活スタイルの変化とは、

・食生活の欧米化

・自動車の普及に伴う運動量の減少

・核家族化による対話の喪失や社会的な交流の減少

あとは、肥満、喫煙、うつ病、高齢期の難聴、糖尿病、

などがあげられます。

 

認知症を予防するためには、

地域との交流を保つことが何より大切です。

 

認知症が発症しても、ご本人だけでなく、ご家族のサポートも必要になります。

 

地域全体で働きかけていく仕組み作りが必要になります。

 

2005年から地域域包括ケアシステムが始まって早15年。

認知症カフェの開設や、

医療機関の連携システムの構築、

民間との協力など、

徐々に広まりつつありますが、

地域のネットワークの構築にはまだまだ格差があります。

 

 

ヨガで認知症を予防する

ヨガのような、ゆったりとした呼吸に合わせて動かすような運動であれば、

高齢者の方も無理なく運動機会を得ることができます。

 

世界には、100歳のヨギーニ(ヨガする人)もいるくらいです。

 

忘れやすい時間の感覚を思い出す効果も期待できます。

 

 

 

以前、担当させて頂いていた患者様の奥様は、

ほぼ毎日病院に顔を見せている方でしたが、

「火曜日の13時はヨガ!」と決めて、

その時間だけはお見舞いに来られませんでした。

その方の人生にとって、そこまで楽しみとして感じ、

QOLをあげるための手段としてヨガを取り入れてくださっていたことは、

とても嬉しいことです。

理学療法士・作業療法士はヨガをうまく使うべきです - EPoch Official Blog

  

何より、周りの人とのつながりを保つことができます。

誰かと言葉を交わす。

それが現代社会においては中々貴重な環境だったりします。

 

もちろん、家から一歩出るということ自体がすごく大きな壁になる人もいますから、

まずクラスに参加するというだけでも、

外からの刺激を受けるためにはとてもいいことです。

 

 

 

blog.ep-och.com

 

 

このたび2020年6月1日より

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として、

エポック訪問看護ステーション

を立ち上げることとなりました。

 

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

 

※まずはお気軽にお問い合わせください※

TEL:072-770-1657

 

【あわせて読みたい】

MCIという言葉を知っていますか?認知症になる前にできるケアを一緒に考えましょう。 - EPoch Official Blog

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック

#訪問リハビリ#訪問看護#看護

#認知症#ヨガ#地域リハビリテーション#連携