EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

エポックオンラインセミナーで反張膝のメカニズムについて学ぼう

f:id:EPoch:20201020074815p:plain

 

私たちは普段何気なく歩いていますが、

実は様々な機能を駆使しながら歩いています。

 

その中でも膝関節は多くの臨床家が注目を集めやすい部位

といっても過言ではないでしょう。

 

変形性膝関節症

 

このキーワードだけ聞いても若手セラピストからベテランセラピストまで

様々なセラピストが治療に苦慮されてきたと思います。

 

私自身も先日、ある患者様のリハビリを担当させていただきました。

その患者様は歩いていると膝がカクンカクンと伸展して

うまく前に進めないという話をされておられました。

 

踵接地から立脚中期にかけて、膝関節が過伸展してしまう現象です。

 

脳卒中片麻痺患者様や女性に特に多い現象ですね。

 

反張膝、別名back knee

 

このような現象を治療するうえで考えておかなければいけないのは

筋力トレーニングだけではありません。

どの筋を効率的に治療するかどうかを見極めるためには

姿勢の評価が不可欠です。

 

今日はその治療方法について考えてみたいと思います。

 

 

歩行周期における反張膝が起こる原因とは?

反張膝は靭帯の損傷や関節が緩んでしまうことで起こるとされています。

 

また、膝関節の屈曲筋、ハムストリングスの筋力低下や下腿三頭筋の筋緊張亢進、

足部の可動域制限によっておこります。

 

若年の女性や脳卒中片麻痺患者様によく起こる現象ですね。

 

人は立位姿勢を取ると重心を支持基底面内に収めて立とうとします。

そんな中でいかに筋力を使わずに立てるかということを考えますが、

女性は特に男性に比べて筋力が少なく、無意識な姿勢を取りやすくあります。

 

また、骨盤の形も男性に比べて前傾を取りやすいため、

どうしてもハムストリングスが緊張して

膝関節は伸展方向に引っ張られやすくなるため、反張膝になりやすいのです。

 

反張膝は姿勢の変化をいかにとらえるかが重要です

前述したように、反張膝の治療に重要なことは姿勢の変化をとらえることです。

 

膝折れや反張膝は、

そのアプローチとして下肢筋力低下に対する筋力強化を目的としたトレーニングをすることが多いですが、

実際には、筋力がある程度あるのにも関わらず、膝折れする人もいれば、

下肢の筋力が低下していても膝折れや反張膝がなく歩いている人もいます。

 

その違いは骨盤や体幹のアライメントにあります。

 

反張膝を起こしているハムストリングスや大腿四頭筋が効率的に働いているかどうか、

効率的に働くための骨解剖学的な位置関係を呈しているかどうかが重要になるのです。

 

そのために、姿勢分析能力が必要になるのです。

 

若手セラピストでもわかりやすい姿勢分析を教えます。

 

10月31日に開催予定のオンラインセミナー

『【エポックオンラインセミナー】臨床で目にする膝折れ・反張膝の評価とアプローチ

では、若手セラピスト向けの姿勢分析セミナーを開催します。

 

seminar.ep-och.com

 

オンラインセミナーという形式なので、誰でもどこでも受講できますし、

夜の時間帯になるので、仕事帰りのちょっとした時間に学ぶことができます。

 

エポックセミナーでは、本来日曜日の日中に開催を行っていました。

しかしながら今回オンラインセミナーを行うことで、

夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

 

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。

 

いつでもどこでも誰でも八木先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。

 

確かに対面でお話ができないことで、

雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひご参加のご検討をお待ちしております。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #訪問リハビリ #リハビリテーション #訪問看護 #オンラインセミナー #セミナー #反張膝 #膝関節 #姿勢戦略 #姿勢分析