EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

異常点を見つけられるか?臨床におけるフィジカルサインを見逃すな!

 

フィジカルアセスメントって、よく聞く言葉です。

 

だいたいよく言われるのは視診、触診、聴診、打診などの

どちらかと言えばテクニック系のジャンルになっているように感じます。

  

それは、1つの症状や所見をある一定の基準に基づいて線を引いただけにすぎません。

 

アセスメントって、もっと深いはずなんです。

アセスメントができないとハッキリ言って臨床で意味がないのです。

 

だから、フィジカルアセスメントをするためには豊富な医学的知識が必要不可欠なんです。

 

フィジカルアセスメントのために必要な知識とは?

では、フィジカルアセスメントを行うために必要な知識ってなんでしょうか?

 

言い出すとキリがないですよね。

病気の事、薬の事、検査結果の事、などなど、要するにその患者さんの情報を統合して判断するのがアセスメントだと思っています。

 

聴診をして、断続性ラ音がありました。

これは、アセスメントしてないですよね?

 

これで完結してしまったら、だからどうしたの?ってなりませんか?

 

なぜ断続性ラ音が聴診で聞こえたのか、どこで聞こえたのか、吸気なのか呼気なのか、いつから聞こえているのか、どんな疾患があるのか…

 

こういうことを考えて、

だからどうなのかを考えて結論を出す、そしてその結論に基づいて治療を考える、

これがアセスメントじゃないですか?

 

SOAPで言えばAです。

 

Aに聴診して断続性ラ音が聴取できた、って書いてても、で?ってなります。

 

断続性ラ音が聞けることは大事です。

でも、それだけじゃダメなんです。

 

だけど、どういうわけか理学療法士の多くは

そこでアセスメントが終わっちゃうんです。

そこから一歩二歩踏み込んで考える、

そのために必要な情報を収集するということが大事であり、

それこそがフィジカルアセスメントの神髄だと、私は考えています。

 

 

フィジカルアセスメントを習熟するためには経験値をためよう

頭でっかちというとあまり聞こえが良くないかもしれませんが、

私は最初はそれで良いと考えています。

 

なぜかと言うと、頭でっかちはすぐになれるからです。

 

すぐにと言っても明日からというのは難しいですが、

要するに経験値が少なくても頭でっかちにはなれるんです。

 

そして、頭でっかちな状態であれば症状や所見に気づくことができる。

 

『あっ、これってこないだ勉強した所見かも』

 

って気づけるんです。

 

頭でっかちじゃないと、気付けません。

 

フィジカルアセスメントを習熟させていく過程で経験値は欠かせないと思います。

しかしその経験値を積むためには早い時期に気づくことができることが

効率的なスキルアップにつながります。

 

フィジカルアセスメントの学習方法は?

先ほども書きましたが、フィジカルアセスメントをできるようになるためには、

まずたくさんの医学的知識が必要です。

 

医師がその究極系だと思います。

医師はすべての医学について精通しているからこそ、

どんな患者さんでも診ることができるし、必要時は他科にコンサルができます。

 

では、フィジカルアセスメントのために膨大な医学を学ぶとなると、

なかなか一歩踏み出せないんじゃないでしょうか?

 

基本的には日々の患者さんから学ぶことが第一だと思います。

 

そのとっかかりとして、フィジカルアセスメント、

特に循環器系のフィジカルアセスメントでよく使う浮腫みや息切れについての

オンラインナイトセミナーを用意致しました。

 

seminar.ep-och.com

 

なるべく基礎からわかりやすく解説していきますので、ご活用下さい。

 

 

ここまででフィジカルアセスメントについての私の見解を述べました。

 

ちょっと他と考え方が違うのかもしれませんが、

より臨床目線でより患者さんに役立てるためにはこういう視点が必要です。

 

リスク管理だって同じで、たくさんの知識がないとリスク管理になりません。

所見が拾えるというフィジカルイグザミネーションを学ぶことはもちろんですが、

そこからさらに突っ込んで学んでいくことで臨床で役に立つスキルになります。

 

エポックのオンラインセミナーはリーズナブルな価格設定なので、

気軽に参加してもらえると思います、ぜひこの機会に循環器を克服しましょう!

 

seminar.ep-och.com

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #訪問リハビリ #リハビリテーション #訪問看護 #オンラインセミナー #セミナー #治療 #循環器リハビリテーション #心リハ #フィジカルアセスメント #フィジカルサイン #リスク管理