EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

体幹機能の安定化|ドローインは無意味だ

フリー写真] プランクで体幹を鍛える外国人女性 - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

 

先日、体幹トレーニング用に腹筋ローラーを買いました。

 

 

コロナ禍で活動量が減ってしまった自分としては、

体重を少しでも減らさなければいけないと少し焦っているわけで、

このような器具を使いながらでもダイエットができればと考えています。

 

しかしながら、これは腹筋を収縮し、

要は体幹を固めるドローインの状態を作り出すことでありますが、

これは本当に重要なのでしょうか?

確かに見栄えはいいかもしれませんが、

実際のところ、パフォーマンスアップには繋がらないといわれています。

 

これを読んでくださっている方には、

なぜドローインが役立たないのかをご説明したいと思います。

 

腹圧を高めるなら、へこますよりふくらまそう

ボディービルダーのように見栄えのいい腹筋を夢見る人は多いと思います。

しかし、腹筋ローラーで作られる状況をドローインといいますが、

その状況では体幹の安定化は得られにくいという報告が多数挙げられているのも

事実です。

 

腹圧を高めるのは腹横筋だと言われていますが、

実際のところは〇〇筋が重要だといわれています。

 

その実情は!?

 

このセミナーでご紹介したいと思いますので、ぜひご参照ください。

 

seminar.ep-och.com

 

 

体幹の安定化と呼吸との関連性を考えよう

体幹機能を安定させるためには、

呼吸筋は切っても切り離せないといっても過言ではありません。

 

腹横筋の収縮や横隔膜の収縮、骨盤底筋群は体幹機能の上下面、側面を担います。

 

これらの収縮が協調的に働くことにより、コアユニットは働くわけです。

 

また、ドローインと呼ばれる常に収縮しているような状況では、

体幹は固まりますが、動作の中でうまくパフォーマンスを発揮することはできません。

 

硬いけれど柔らかい、この二律背反した状況を作り出すことが、

コアユニットをうまく働かせる方法に繋がるのです。

 

本セミナーでは

体幹部を安定化させる複数のシステムとそのための運動療法や徒手療法、

エビデンスを紹介していきます。

本セミナーの内容を知れば、腰痛はもちろん、

アスリートとのセッションのレベルが上がります。

 

もしあなたが、患者様や選手のパフォーマンスを上げたいと考えているのであれば、

ぜひこのセミナーをご受講ください。

 

このセミナーのキーワードは

  • 腹腔内圧理論
  • 後部靭帯系理論
  • 深層筋制御理論

このあたりに集約されるといっても過言ではないかもしれませんね。

 

さて、今日はセミナーのご紹介にフォーカスして書いてみました。

実際のところ体幹機能のトレーニングというのはありそうでなかなかないのも実情です。

 

このようなセミナーをぜひ受けてみてください。

パフォーマンスを高めるセミナーをエポックでは数々紹介していきます。

 

今後もエポックセミナーをよろしくお願いいたします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #回復期リハビリテーション #オンラインセミナー #セミナー #体幹 #ドローイン #腹筋 #呼吸筋