EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

学ぶなら今のうち!!東洋医学を使ってアナトミートレインを調整する方法

「経絡 フリー素材」の画像検索結果

 

「アナトミートレインの考え方はわかるけど、リリースのやり方は面倒だな。」

 

そう思ったことはありませんか?

 

実は私もそうでした。

 

アナトミートレインで提示されている施術も

ライン全体をじっくりとリリースしていくので非常に時間がかかります。

 

アナトミートレインの著者、トム・マイヤーズの施術は1時間半〜2時間と

非常に長い時間で行うことがほとんどですが、リハビリの現場は1単位20分。

ほとんどが2単位40分でリハビリをしているのではないでしょうか?

リリースに多くの時間をかけられませんよね?

 

さらに皮膚に直接触ってリリースしていくのですが、

四肢は服を捲ってもらえば良いですが体幹部はそうはいきませんよね?

 

また皮膚を滑らせてリリースしていく際に皮膚の抵抗を減らすためにオイルやパウダーを使うことも推奨されていますが、

リハビリの場面でそのような物を使うことは非常に難しいです。

使えたとしても後の処理の方が大変。

 

そのためアナトミートレインを使いこなせていない方は

非常に多いのではないでしょうか?

 

しかし、そんな悩みを解決する手段があります。

 

それがエポックオンラインセミナーの

「アナトミートレインに基づいた治療アプローチ」セミナーです。

seminar.ep-och.com

 

なぜそのようなことが可能なのか?

 

その秘密は・・・東洋医学にあります。

 

東洋医学の知識を学ぶと治療技術は格段に飛躍します。

「アナトミートレインに基づいた治療アプローチ」を受講すると

  • 複雑な視診や触診をしなくてもどのラインに異常があるのかを評価できるようになります
  • アナトミートレインの調整が素早く簡単にできるようになります
  • 東洋医学的な調整にもなるので運動器疾患以外の調整にもなります
  • 東洋医学で使われる独特な診察法を学ばなくても患者様の状態を把握することができます

 

このセミナーで紹介する検査はROMテストとMMTになりますので

複雑な姿勢や動作分析や特殊な方法を覚える必要はありません。

リハビリ職種の方なら日常的に行っている検査ですので

翌日からすぐに取り入れることができます。

 

アナトミートレインの書籍にも書かれていますが、

アナトミートレインで提示されているラインと

東洋医学で使われる経絡と呼ばれる気の通り道は同じ走行をしています。

 

そこでアナトミートレインを経絡に置き換えれば

東洋医学で使われる経穴(ツボ)を刺激すれば調整ができるはずです。

しかも、その経穴(ツボ)も

「この経絡がこういう状態の時は、この経穴(ツボ)を使いなさい」

とルールで決められています。

なので、東洋医学独特の言語に慣れてさえしまえば

簡単に調整ができるようになります。

 

運動器以外の疾患にも対応可能

今回はアナトミートレインの異常による運動器の問題にフォーカスを当てますが、

東洋医学は身体の内部にまで働きかけ、様々な症状に対応します。

 

なのでアナトミートレインを経絡に置き換えれば、

運動器の異常から東洋医学的に患者様の身体の内部で

どのようなことが起きているのかが推察できるとともに、

アナトミートレインを調整して運動器の異常を改善できれば

患者様の内部の異常を調整して様々な疾患に対応できるようになります。

 

リハビリ職だけでなく鍼灸師にもおすすめ

EPochセミナーは理学療法士、作業療法士、言語療法士などの

リハビリ職種向けのセミナーが中心になっていますが、

本セミナーは「古典鍼灸が苦手」という鍼灸師の方にもおすすめです。

 

脈診や腹診、舌診などがよくわからなくて

証(東洋医学的な診断名)が決められないという方でも

ROMやMMTで経絡の状態がわかるため東洋医学的な証を決める手助けとなります。

 

というわけで、本セミナーはアナトミートレインの調整を

東洋医学のルールを使って簡単にしてしまおうという内容になっております。

 

「東洋医学?胡散臭いな」と思うかもしれませんが、

東洋医学は現代の科学でも少しずつ解明されてきていますので

決して怪しいものではありません。

 

まだ東洋医学に目を向けるリハビリ職が少ない今こそ

東洋医学を使ったアナトミートレインの調整方法を学んでみませんか?

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #回復期リハビリテーション #オンラインセミナー #セミナー #東洋医学 #アナトミートレイン #経絡 #筋膜