EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

歩行の自立|その判断、本当に合ってますか?

片足立ち|シルエット イラストの無料ダウンロードサイト「シルエットAC」

 

患者様の歩行を自立にするかどうかを感覚的に判断していませんか?

 

我々リハビリ職は歩行の安全性の判断を求められることが多いと思います。

 

そんな時に感覚的な判断で歩行を許可して患者様が転倒してしまったら・・・

 

我々リハビリ職が担当する患者様の多くは高齢者です。

 

高齢者の場合、転倒して下肢を骨折してしまえば移動能力の低下や活動量の低下し、

寝たきりになってしまうことも少なくありません。

 

さらに転倒自体が直接な死因になることもあり、

2018年の人口動態統計調査では死因として「不慮の事故」は41,238人で、

そのうちの9,645人が「転倒・転落」の死亡で65歳以上が8,803人と

交通事故死の2,646人を遥かに凌いでいます。

高齢者のバランス機能を高め転倒リスクを減らすことが

非常に重要なことがわかります。

 

 歩行自立を判断するために必要な評価とは?

では、何を歩行自立の判断材料にすればいいのでしょうか?

 

その1つが・・・

 

片脚立位の保持時間です。

 

片脚立位は 

「狭い支持基底面の中で」「片脚だけで全体重を支え」「なおかつ姿勢の動揺を調節」しなければならない非常に難易度の高い動作です。

 

実際にバランステストの定番であるBerg balance testでは

最も難しい項目の1つとされていますし、 

Timed up and go test (TUG)、

片脚立位テスト、

Functional reach(FR)、

および Tinetti balance(TB)

の4つの中で最も実施不可能な者の割合が大きいテストとなっています。

 

そして、この片脚立位と歩行の自立度は数々の研究報告で

相関関係が成立していることがわかっています。

また片脚立位は在宅の狭い空間でも実施が可能なため、

その他のバランステストと比べても非常に使いやすい上に、

動作としても歩行の自立以外にも入浴時のまたぎ動作や更衣動作、階段昇降など

日常生活の様々なシーンで行われるため片脚立位動作の獲得は非常に重要です。

 

 歩行自立の判断が苦手なあなたへ

なので、この難しい片脚立位のカットオフ値を上回ることができれば、

歩行以外でも多くの日常生活動作で胸を張って歩行の自立を提案できますし、

逆に片脚立位がカットオフ値を下回っていれば転倒リスクが高いことを説明でき、

患者様を危険に晒すことはなくなります。

 

とはいっても、この片脚立位は前述のように非常に高度な動作であるため

カットオフ値を上回ることが中々できないと思います。

 

そこでそんなお悩みを解決するために

3月11日(水)と18日(水)に開催される

「片脚立位の姿勢制御」セミナーをオススメします。

seminar.ep-och.com

 

今回のセミナーでは

  • 片脚立位の時に体幹筋はどういった活動をするのか?
  • 股関節や膝関節にはどれだけの筋力が必要なのか?
  • 股関節と足部はどのようなストラテジーで姿勢制御しているのか?
  • 片脚立位を達成するためにどのような徒手療法や運動療法をすればいいのか?

をエビデンスとともに2日間に渡ってお伝えしていきます。

 

講師はトリガーポイント療法やアナトミートレインを応用した

独自の筋膜リリースといった徒手療法だけでなく

独自のトレーニングメソッドでテレビ番組でも特集された経験を持つ

波田野征美先生です。

運動器の問題に対して豊富な知識と経験を持った

波田野先生の講義を受けることができるのはEPochセミナーだけです。

 

そんな波田野先生が今回のテーマで講義をするのはとてもレアです。

 

 

これだけ重要にもかかわらず、

片脚立位にフォーカスを当てたセミナーは非常に珍しいと思います。

 

この機会を逃したら、次回がいつ開催されるかは全く保証できない上に 

セミナーの開催までもう残すところ数日しかありません。

 

あなたが少しでも

「患者様の転倒リスクを下げて自立度を高めたい」

と思っているのならば今すぐにセミナーに申し込んでください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #回復期リハビリテーション #オンラインセミナー #セミナー #片脚立位 #バランス #歩行 #転倒