EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

知っておくべき脳卒中患者様の歩行練習における装具療法

f:id:EPoch:20210215082217j:plain

 

脳血管疾患の患者様のリハビリにおいて、

早期離床、早期歩行は課題として上がられるものだと思います。

しかしながら、その中の課題として長下肢装具が選択肢に上がる、

ということが少ないという病院があるのも事実です。

 

病院によっては長下肢装具などの義肢装具を使わずに今まで来たから

いざ長下肢装具などの選定をしなければいけない、

となると実際どのようにすればいいかわからないといった声も散見します。

 

・長下肢装具の詳しい詳細を知らない

・どのように処方すればいいかわからない

・SHBやLLB、何が一番いいのかわからない

・長下肢装具を付けた歩行練習の方法がわからない

 

このようなセラピストは実は多いのが現状です。

今日はそのような方々に向けた内容を書いてみたいと思います。

 

装具療法において選定と外す時期に悩むあなたへ

装具療法において、一番困る時期といえば、

装具療法を選定するリハビリ初期と、

装具の再選定を考えなければいけない回復期段階におけるカットオフ期

ではないでしょうか?

 

脳卒中片麻痺の患者様であれば、

リハビリ初期に早期離床を行い歩行練習を積極的に実施するために

長下肢装具を処方される患者様は少なくありません。

 

急性期で働くセラピストとしては、装具療法をより効率的に処方できれば、

患者様の積極的な歩行練習を提供することができますし、

何より介助量が格段に減ります。

 

しかしながらどのような装具を提供すればいいかというところについては

悩みどころではないでしょうか?

 

また、回復期において、

ある程度歩行練習が積極的にできるようになってきた患者様には、

長下肢装具から金属支柱付きの短下肢装具にするのか、

それともSHBに変えるべきなのか、悩むところではないでしょうか。

 

何よりネックになるのは患者様の自己負担額がいくらになるのか?

というネックの部分でもあるのではないでしょうか?

 

実はこのあたりを積極的に学べるセミナーがあります。

seminar.ep-och.com

 

装具療法といえばこの先生!苦手分野を克服しよう

今回、長下肢装具など装具療法の選定について学ぶならこの先生!

という先生をお呼びしています。

宝塚リハビリテーション病院の中谷先生です。

 

宝塚リハビリテーションといえば、

ロボット装具のHALを試験導入し実証研究データを取っている病院としても有名です。

 

今回は歩行動作の獲得についてのセミナーを受講したうえで、

脳卒中片麻痺患者の歩行再建のトレーニングにおいて必要な下肢装具の知識を解説していただきます。

そのうえで装具療法の実践方法について動画を交えて解説していただけます。

 

もしあなたが装具療法が苦手だ、どのように処方すればいいか迷っているというなら、

ぜひこのセミナーをご受講ください。

 

なにより、このセミナーは二本立てになっています。

初日は正常歩行と異常歩行というテーマで

片麻痺患者様の歩行練習をどのように進めればいいか

というテーマでお話しいただく予定です。

 

このセミナーは各それぞれ申込フォームが異なりますので、

お間違いないようにお願いいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

seminar.ep-och.com

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #長下肢装具 #装具療法 #脳卒中