EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

動作のパフォーマンスを高めたいなら、〇〇がおすすめ

広告に使える!スポーツイメージ | 写真素材・ストックフォトのアフロ

 

スポーツ選手と一般の方々を比較すると、

遥かに高い負荷が身体にかかり続ける生活をしているため、

どうしても怪我のリスクがつきまといます。

 

そのため、アスリートにとって最も重要なことは

「怪我の防止」であり、「再発の防止」です。

 

そして、考えるべきことは「過用」と「誤用」を防ぐこと

つまり「使いすぎ」と「間違った使い方」をしないようにということですね。

 

瞬間的なダメージでも、長期的に積み重なったダメージでも

筋肉や腱、靭帯などの各組織の耐用能を超えた負荷が加わった時に損傷し

疼痛をはじめとした様々な障害を引き起こしてしまします。

 

この時に「誤用」・・・

「間違った使い方」をしてしまえば通常以上の負荷が加わり、

さらに障害を引き起こしやすくなってしまいます。

 

ですので、そのけがの程度をいかに抑えるかが重要になるのですね。

 

パフォーマンスを支える姿勢制御を考えよう

パフォーマンスを支える能力として、

高負荷の中でも自分の身体を支えられる姿勢制御が求められます。

 

ほとんどのスポーツ動作は特定の姿勢をとり続けるわけではなく、

様々な状況に応じて適した姿勢に変化させ、それを制御する必要があります。


その姿勢制御には大きく分けて3つのレベルがあります。


それは
レベル1「姿勢保持」
レベル2「一定の支持基底面の中での重心移動」
レベル3「支持基底面が変化する中での重心移動」
です。

 

これらの重心移動に応じた体の使い方、姿勢制御を学んでいかなければいけません。

 

スポーツ選手に必要なのは「立ち直り反応」と「ステップ反応」

多くの体幹トレーニングでは

「安定させるために軸を一直線したまま動かないような筋力をつけよう」

と指導しています。

 

もちろん、それは大事なことですが、それは姿勢制御の一つでしかありません。

 

「安定している」ということは支持基底面の中に重心があればいいわけですから、

支持基底面内のどこでも良いので重心を留めておく能力が必要です。


そのために考えるべきは「立ち直り反応」になるのです。

 

この立ち直り反応は柔軟な体幹が必要で、

体幹トレーニングで推奨される「ドローイン」をしてしまうと

動きが制限されてしまいます。


また、移動するためには一度支持基底面の外に重心を出さなくてはいけないのですが

そのためにはさらに大きな体幹の動きが必要です。

 

そしてその次に必要なのは重心が支持基底面から外れた時に転倒しないように

手や足を出し新しい支持基底面を作る能力「ステップ反応」も

促していかなければいけません。

 

このステップ反応の連続が「移動」になるわけですが、

この時の手足の動きを素早く大きく出すことが重要ですし、

そのためには一般的な体幹トレーニングのように体幹部を固めるのではなく、

体幹部を柔らかく動かし、その動きを上下肢に運動連鎖で繋げていく必要があるのです。

 

4月開講!スポーツトレーニングに必要な知識を学ぼう

seminar.ep-och.com

 

一時期、スポーツ選手が古武術を取り入れたトレーニングをすることで

パフォーマンスが上がったということが注目されたことがありました。

 

古武術の独特の世界観に否定的な意見もありますが、

古武術で提唱されている動きの有効性を占める研究報告もあり

しかも、そこで起きている現象は、

現代スポーツで実践されている理論と同じであることもわかっています。

ですので、武術の動きは怪しいものではなく、

科学的に証明された動きとなっています。

 

ぜひあなたも患者様のパフォーマンスを上げたいのであれば

このセミナーをご受講ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #スポーツ #体幹 #立ち直り反応