EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

肩関節の治療は最大可動域の獲得を目指すべきではない、その理由とは?

f:id:EPoch:20210401063345p:plain

 

皆さんは五十肩の患者様のリハビリを担当する際に

制限がどこで起こっているのかを考えると思います。

 

肩関節屈曲100°、外転90°しか上がらない患者様が

外来にお越しになられたら、びっくりしたりしませんか?

 

肩関節疾患の患者さんが最も悩むのは痛みです。

多くの場合は肩関節の動きに影響しており、

その動きを詳細に評価することで痛みが生じるメカニズムを知ることができます。

 

そして、そのメカニズムに対して理学療法介入することで

痛みを軽減させられることが可能になります。

 

しかしながら、本当に肩関節への介入を行うことが重要なのでしょうか?

ほかに問題点はないでしょうか?

 

そして、どの程度まで可動域を改善させるべきなのでしょうか?

 

もちろん最大屈曲可動域まで改善できれば一番いいですが

ときには痛みを生じながらリハビリを行わなければいけないときがあります。

 

それは患者様にとって苦痛でしかありません

 

セラピストによってはそれを必要悪として捉える方もおられますが、

本当にそれでいいのか、今日は考えてみたいと思います。

 

日常生活に必要な肩関節の可動域を知っていますか?

肩関節屈曲の最大可動域は180度です。

ですが、日常生活の中で最大可動域を使うということは比較的少ないと思います。

 

ですが、五十肩の患者様がお越しになられた場合、

手が上がらない。と訴える患者様は少なくありません。

 

それを聞くと、最大可動域に必要な制限因子は何か!?と考えますが、

そこで少し考えを止めてみてほしいと思います。

 

若者の方であれば、その制限因子を取る必要があるかもしれませんが、

高齢者の方であれば、本当にその最大可動域を確保する必要があるのでしょうか?

 

 

日常生活動作における肩関節の関節可動域はどのくらい必要か?

 

屈曲では更衣動作の110°

外旋では入浴動作の60°があれば十分なのです。

 

つまり、痛みをこらえて最大可動域を確保すべきではないとも言えます。

 

肩関節治療を考えるならエポックセミナー

ここまで読んでくださったあなたならわかると思いますが

肩関節治療は最大可動域を目指すのではなく、

 

目標となる動作に必要な肩関節可動域の確保

 

から始めるべきだとも言えます。

 

その後は必要な肩関節可動域の中で

いかに自分で動かすことができるかどうか、が重要ではないでしょうか?

 

痛みを押して外来にお越しの患者様は痛みで動かすことが億劫になっているのです。

その痛みをまず除痛し、

その後自分で動かすということを再学習することから始めるべきだと、私は思います。

 

今回ご紹介するセミナーは、

今まで最大可動域を獲得しなければいけない!

と悩んでいたあなたに、お勧めのセミナーになっています。

 

もちろん、肩関節の治療に必要な制限因子の見つけ方や治療方法についても学ぶことができますので、ぜひご参加をご検討ください。

 

seminar.ep-och.com

 

このセミナーをご受講いただくと、

・肩甲胸郭関節・肩甲上腕関節周辺の筋の触察法を、体表上に筋マッピングを投影する過程を見ながら学べます。

・投影した筋マッピングをどのように運動療法(リラクセーション)に応用するかを理解できます。

・投影した筋マッピングをどのように徒手療法に応用するかを理解できます。

 

日常生活上必要な肩関節の治療方法を最大限学ぶことができますよ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #ト肩関節 #疼痛 #可動域