EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

高齢者の転倒リスクを考える|大人気講師をご紹介!

f:id:EPoch:20210405083006j:plain

 

皆さんは高齢者の転倒リスクが高い理由を説明できますか?

 

筋力はあるのになぜ転倒するのか?

 

この悩みは臨床かなら必ず行き当たる問題ではないでしょうか?

私自身もそうです。

年間皆さんほどではありませんが、患者様のリハビリを担当させていただきますが、

やはり高齢者の転倒リスクを考えることは常に頭の片隅に置かれています。

 

単純な股関節の骨折の方であっても

重度の片麻痺患者様であっても

内科的疾患がメインの患者様であっても

神経難病を患っておられる患者様であっても

 

どのようなところで転倒リスクがあるのかを考え、

常に患者様のリスク管理を行っています。

 

その時に考えておきたいのは、ストラテジーになるのですが

あなたはきちんと説明できますか?

 

転倒リスクを予防するためのストラテジーとは?

ストラテジーとは戦略と和訳することができます。

人の身体が姿勢制御を行うためには 

足関節戦略

股関節戦略

膝関節戦略

 

この三つをまず理解しておく必要があります。

 

そして戦略にも働く順番というものがあり

足関節→股関節→膝関節の順番で働くことが知られています。

 

直立姿勢において外乱負荷の姿勢保持には、足関節戦略が働きます。

足の裏の支持基底面内で保持される重心の動揺は、

基本的には足関節戦略で対応されますが、

そこから大きく外れてくると、次に股関節戦略が働くことになります。

 

しかしながら、高齢者の方々はこの戦略がうまく働かず、

ワイドベースになったり膝関節を屈曲位にしたりして、

膝関節戦略を使用した立位姿勢を保とうとするのです。

 

こうすると変形性膝関節症を増長してしまい、

膝の痛みが強くなるなどの問題点が出現してきてしまうのです。

 

転倒リスク回避には固有感覚や前庭機能のリハビリを

高齢者の転倒リスクの原因は筋力だけではないことは

ここまで読んでくださってわかると思います。

 

ではほかにどのような患者様へのアプローチをする必要があるのでしょうか?

 

まず考えておきたいのは固有感覚の状態です。

簡単に言うと位置覚や運動覚が本当に正しいのか?

という評価が必要になります。

 

他にも視覚や聴覚などの状態把握も必要になります。

これらの評価方法は、ぜひ以下のセミナーをご参照下さい。

seminar.ep-och.com

 

このセミナーでは歩行やバランスを考える際に股関節戦略・足関節戦略は、

治療介入を組み立てる要点となる、

股関節および足部の特性と歩行やバランスとの関連性、

転倒の予防や実際の介入について学んでいただきます。

 

もしあなたが高齢者の転倒リスクについてもう少し深く考えられるようになりたい、

と思っているのであればぜひこのセミナーをご検討ください。

 

講師の池田先生は、東京の昭和大学で活躍されておられ

研究者としても人気の講師です。

 

先日は栄養学についてもお話をいただいており

大人気のセミナーでした。

 

今回の転倒リスク回避のための講習会も

昨年大人気でしたので、ぜひ皆様にご検討いただければ幸いです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #転倒予防 #バランス #バランス戦略