EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

理学療法士・作業療法士向けの脳画像セミナーがエポックにあります

t���[�f�� | 脳, フリー素材

 

あなたは臨床の中で脳画像を見る機会はありますか?

急性期であれば、発症から間もないために病院ではMRIやCT、MRAなど

様々な画像所見を見る機会はあるかもしれません。

 

しかしながら回復期、維持期、地域に移行すればするほど

画像所見を確認する機会はなかなかないかもしれません。

 

でもよく考えてみてください。

地域に出たからといって、画像所見を見なくてもよいというわけではありません。

 

状態は刻一刻と進行するものもあります。

例えば神経難病であれば状態は徐々に悪化するものもあります。

それぞれの状態に応じて脳画像もきちんとチェックできる必要があります。

 

でも実際脳画像の見方がわからない

そんなあなたにおすすめのセミナーがあります。

 

理学療法士・作業療法士向けの脳画像はエポックオンラインセミナーで学ぼう

 

リハビリを行う上で専門的な治療を提供するためには

適切な評価に基づいた治療プログラムを立案しなければいけません。

特に脳卒中に関しては脳の基礎知識が必要になり、

脳の機能局在や書く場所における役割を学生時代に倣いますが、

臨床でそこまで詳しく習う機会はないのではないですか?

 

  • どの部位が損傷しているのか?
  • どういった経緯で損傷したのか?
  • 損傷部位における症状はどのようなものが出てくるのか?

 

これらはきちんと確認できるようになっておかなければ

脳卒中患者様のリハビリは適切に行うことはできません。

 

理学療法士・作業療法士が脳画像を評価すべき理由とは?

 

理学療法士・作業療法士は様々な症状を抱える患者様のリハビリを担当すると思います。

その中にも脳幹や小脳など、生命機能を司る部分が多数存在しています。

眼球運動や呼吸機能の中枢、心機能の中枢もこの部位に属します。

ですので、例えば起立性低血圧が起こりやすかったり

眼振、眼球運動の障害が起こってきたりなどを

推測することに役立ちます。

 

もしあなたが神経難病だけでなく、

脳出血や脳梗塞の患者様を担当する機会があるのであれば

ぜひ脳画像をチェックする癖をつけておく必要があるかもしれませんね。

 

脳画像はエポックオンラインセミナーでわかりやすく解説

エポックオンラインセミナーでは基礎からわかりやすく解説しますので

今まで学んだ経験がないというあなたでもわかりやすく解説します。

 

7月には脳幹の症例をもとに脳画像の評価方法を

実際の脳画像をもとに勉強会を進めていただきます。

 

初めての方でも臨床経験の長い方でも大丈夫です。

わかりやすいと評判の田岡先生の勉強会をぜひチェックしてみてください。

 

理学療法士・作業療法士向け脳画像から診る障害の評価とリハビリ | 脳幹の症例編 – エポックセミナー

 

ぜひあなたの基礎固めに本セミナーをご検討くださいませ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com

 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #脳画像 #脳卒中 #評価