EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

エポックセミナーで痙縮の理解のために脳画像を学ぼう

CTスキャンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

脳卒中片麻痺患者様のリハビリを担当して一番困ることは何ですか?

 

私自身はやはり内反尖足になる原因を探り出すのが一番ネックになります。

これは私自身が新人のころから悩んでいた部分でもあります。

内反尖足になる原因としては、

上位運動ニューロンの障害により起こる痙縮が原因になることが多いと思われます。

 

痙縮とは上位運動ニューロンの障害により運動速度依存性の伸張反射の亢進を呈し、

深部腱反射の亢進をともなう運動障害のことを言います。

痙縮にアプローチするためには、まずは痙縮のメカニズムを知ることが重要です。

 

あなたはきちんと説明ができますか?

 

上位運動ニューロンの障害を学ぶなら、まず脳画像の評価から始めよう

痙縮の理解をするためになぜ脳画像を理解しなければいけないのか?

 

それは脳画像の理解のためには神経伝達の経路を学ぶ必要があるからです。

 

上位運動ニューロンの代表的なところといえば、

大脳皮質から脊髄全角細胞に至るまでの経路を表す運動ニューロンではないでしょうか?

運動の指令は主にこの経路を通って行われます。

しかしながら、運動の発令はここを通って行われますが、

末梢から中枢にフィードバックを起こす経路はどこを通るか理解していますか?

 

これらの理解が痙縮の理解につながるのです。

だからこそ、脳画像を理解する必要があると言えます。

 

小脳・脳幹の機能を理解しよう

今回ご紹介するのは小脳、脳幹の機能解剖のセミナーです。

 

小脳は先ほど前述した末梢から中枢に流れてくる情報を統合し、

平衡感覚や運動の強弱、バランスを調整する機能を有しています。

また、脳幹は呼吸や循環などの生命活動の基本部分を担当しています。

 

ここがもし出血や梗塞が起こるとどうなるのか?

リハビリを行うために必要なリスクはどのようなものがあるのか?

このときに痙縮はどの程度起こるのか?

 

これらを徹底的にお話をいただく予定です。

 

例えば小脳梗塞が起こった患者様がおられると思います。

その時に出現してくる失調とは、

正確な距離感を図れずに粗大な運動になってしまうだけではありません。

 

離床を行うときに血圧の変動などにも注意を図らなければいけません。

これらの基礎的なことを理解していないと、

なかなかリハビリをうまく進めることはできません。

 

このリハビリの進め方については本セミナーの対象外ではありますが、

脳画像を理解することで、どのような症状が出現するのかを理解することができます。

 

seminar.ep-och.com

 

もしあなたが脳画像の理解をもう少し踏み込んで深く知りたい

と感じているのであれば、ぜひこのセミナーをお勧めします。

 

わかりやすく、様々な質問に答えていただける田岡先生のセミナーは

徐々に人気が増えています。

あなたの悩みにも親身に答えてくださることでしょう。

ぜひあなたのご参加を心よりお待ちしております。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #脳血管障害 #痙縮 #脳画像