EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

立ち上がれないのは理由がある|立ち上がりの評価方法教えます

立ち上がりの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

皆さんは立ち上がり動作の治療ってどのように行っていますか?

 

患者様の立ち上がり動作って様々な方法があると思います。

  • 手すりを持ってひきつけて立ち上がる
  • ベッドを両手で押して立ち上がる
  • 反動をつけて立ち上がる
  • 低い椅子からだとなかなか立てない

 

様々な患者様の立ち上がり方法があります。

あなたの患者様の立ち上がり方法はどのような感じですか?

 

実はこれらの立ち上がり方法って、それぞれ患者様の問題点は異なるのです。

 

だからこそ、様々な環境下での立ち上がりを評価していかなければいけません。

 

上記の立ち上がり方における問題点ってあなたは説明できますか?

 

患者様が立てない理由は筋力以外にも問題がある

患者様の中には筋力がないから立てない、という理由ならよくわかるのに、

実際筋力はあるけどなかなか立てないという人もいるのではないですか?

 

歩いていても立っていても、ふらふらしている患者様も実は少なくありません。

 

こうした時に考えるのは実は筋力だけでなく、

重力や慣性力、加速度や床反力を考えてその患者様がどのように立ち上がるのか、

立ち上がりやすいのかを評価して治療しなければいけません。

 

なぜなら、立ち上がり動作は、重心位置がとても重要になるからです。

例えば、あなたは今椅子に座っているとしましょう。

その状態で、体幹屈曲をせずに立ち上がることはできますか?

 

おそらく高い椅子に座っている状態であれば、容易に立ち上がることはできるかもしれません。

しかし、低めの椅子に座っている状態であれば、なかなか立ち上がるのは難しいのではないでしょうか?

 

それは重心位置が足底の支持基底面内に収めることができないから、

うまく立ち上がることができないのです。

 

このように立ち上がり動作を考えるうえで、

支持基底面や重心位置のことを考えて治療をすることはとても重要だと言えます。

 

重度麻痺患者様の立ち上がり動作で腋窩介助は効果的なのか?

 

立ち上がりを促す際に腋窩介助を行うことがよくありますが、
本当にすべての患者様に腋窩介助を行うのが正しいのでしょうか?

 

腋窩介助を行おうとすると、脇をぎゅっと締め付け、

腕を入れられないように上肢に力を入れるような動作を

されたことってありませんかね?

 

このとき肩甲帯の動きに着目してみたいのですが、

肩関節は内転・内旋位方向に収縮し、肩甲帯は下制、内転位を呈していると思います。

 

この運動は片麻痺患者様としては連合反応を誘発する肢位でもあると思いませんか?

 

また、子供や動物にも言えることですが、

このような状況になると、下肢にも運動連鎖的に収縮様式が働くのですが、

皆さんはどのようになると思いますか?

 

そう、下肢は屈曲方向に収縮力が働くのです。

 

よく、手すりを過剰に引っ張りながら立ち上がる患者様の

麻痺側下肢が地面につかない、どちらかというと曲がってしまうという現象で

立ち上がり練習がうまくいかないという場面をよく目にします。

 

これは非麻痺側上肢の過剰努力により、

麻痺側側の下肢の連合反応が出現しているという状況が

運動を阻害している場面になるのですが、

介助現場でも同様のことが起こっている可能性があるのです。

 

腋窩介助は連合反応を増長している可能性がある?

 

もちろん、全部が全部、腋窩介助が問題だと言っているわけではありません。

人によっては腋窩介助が重要なこともあります。

 

しかしながら麻痺度合いを表すBRS-TのstageⅠ~Ⅲの患者様で

まだまだ分離ができていないという患者様については

腋窩介助よりも、立ち上がりの際には

臀部を介助することのほうが効果的ではないか、と感じるわけです。

 

理由としては前述したように、

上肢の過剰努力が下肢の屈曲共同運動パターンを増強してしまうからですが、

この辺りはケースバイケースでしょうか。

 

 

エポックセミナーでは、こうした立ち上がり動作において
どのように立ち上がりを促すべきなのか、どのようにトランスファーを促すべきなのかについて
徹底的に考えるセミナーを開催させていただいております。

 

理学療法士・作業療法士向け歩行動作の評価技術とリハビリセミナー|立ち上がり・トランスファー – エポックセミナー

 

特に若手セラピストに向けた内容に調整していただいていますので

立ち上がりをどのように治療すればいいかわからないと悩んでいる方には

おすすめの内容になっています。

 

もしあなたが臨床の中で立ち上がり練習について悩んでいるのであれば、

ぜひ重心位置に気を付けて治療をしてみてください。

すると今まで見えていなかった部分が明確になってくることでしょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士向け歩行動作の評価技術とリハビリセミナー|立ち上がり・トランスファー – エポックセミナー

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com

 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #立ち上がり #重心移動 #評価