EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

立ち上がれないのは理由がある|立ち上がりの評価方法教えます

立ち上がりの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

皆さんは立ち上がり動作の治療ってどのように行っていますか?

 

患者様の立ち上がり動作って様々な方法があると思います。

・手すりを持ってひきつけて立ち上がる方法

・ベッドを両手で押して立ち上がる方法

・反動をつけて立ち上がる方法

・低い椅子からだとなかなか立てない患者様

 

様々な患者様の立ち上がり方法があります。

あなたの患者様の立ち上がり方法はどのような感じですか?

 

実はこれらの立ち上がり方法って、それぞれ患者様の問題点は異なるのです。

 

だからこそ、様々な環境下での立ち上がりを評価していかなければいけません。

 

上記の立ち上がり方における問題点ってあなたは説明できますか?

 

今回は立ち上がり動作に特化した動作練習、動作評価のセミナーを

ご紹介したいと思います。

seminar.ep-och.com

 

筋力はあるのに立てないのには理由があります

患者様の中には筋力がないから立てない、という理由ならよくわかるのに、

実際筋力はあるけどなかなか立てないという人もいるのではないですか?

 

歩いていても立っていても、ふらふらしている患者様も実は少なくありません。

 

こうした時に考えるのは実は筋力だけでなく、

重力や慣性力、加速度や床反力を考えてその患者様がどのように立ち上がるのか、

立ち上がりやすいのかを評価して治療しなければいけません。

 

なぜなら、立ち上がり動作は、重心位置がとても重要になるからです。

例えば、あなたは今椅子に座っているとしましょう。

その状態で、体幹屈曲をせずに立ち上がることはできますか?

 

おそらく高い椅子に座っている状態であれば、容易に立ち上がることはできるかもしれません。

しかし、低めの椅子に座っている状態であれば、なかなか立ち上がるのは難しいのではないでしょうか?

 

それは重心位置が足底の支持基底面内に収めることができないから、

うまく立ち上がることができないのです。

 

このように立ち上がり動作を考えるうえで、

支持基底面や重心位置のことを考えて治療をすることはとても重要だと言えます。

 

今回のセミナーでは上記に加えて神経伝達と立ち直り反応や

ヒトの発達過程などにも言及してお話をしていただきます。 

 

特に若手セラピストに向けた内容に調整していただいていますので

立ち上がりをどのように治療すればいいかわからないと悩んでいる方には

おすすめの内容になっています。

 

もしあなたが臨床の中で立ち上がり練習について悩んでいるのであれば、

ぜひ重心位置に気を付けて治療をしてみてください。

すると今まで見えていなかった部分が明確になってくることでしょう。

それでも難しければ、このセミナーをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

seminar.ep-och.com

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #立ち上がり #重心移動 #評価