EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

腱炎の治療で重要な腱障害を説明できますか?

陸上競技の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

皆さんは臨床の中で足底筋膜炎の患者様を担当したことはありますか?

 

アキレス腱炎と足底腱膜炎はともに「使いすぎ症候群」の一つで

剣道や陸上、ジャンプスポーツなどつま先に強い負荷がかかり続ける競技で

頻発します。

 

スポーツ以外でも体重の増加やアスファルトなどの硬い地面で立ち続ける仕事でも

頻発し、足底腱膜炎に関しては約10%の人が罹患すると言われています。

 

どちらも下腿三頭筋をはじめとした足関節底屈筋の使いすぎ

というシンプルな病態にも関わらず、痛みが一時的に治っても、

すぐに再発を繰り返し難治性になりやすい症例でもあります。

 

こうした患者様を担当するとき、

症状としてはふくらはぎの痛みや腰の痛みを訴える患者様が多く、

マッサージを希望される方が多い印象を受けますが、

実は別の場所に問題が起こっているということを覚えておかなければいけません。

 

今日はそのようなお話をしたいと思います。

 

覚えておきたい腱障害の事実

前述したアキレス腱炎や足底筋膜炎は、一般的には腱障害と呼ばれます。

 

腱障害とは原因は不明だと言われていますが、

加齢により腱が脆弱化したりスポーツなどで慢性的に腱に負担がかかりすぎることで、

周囲組織に損傷が生じて起こる炎症のことをそう呼びます。

 

腱障害には

アキレス腱炎

足底筋膜炎

膝蓋腱炎

外側上顆炎

の種類があります。

 

治療方法としては患部の超音波治療や温熱療法が用いられますが

重要なのはその周囲組織の固まりにより、腱に過剰な負担がかかっている場合です。

 

それらを調整しておかなければ、

再発してしまう可能性が高いことを覚えておきたいですよね。

 

いつから走っていいのか?と聞かれた場合は?

さて、臨床の中ではこれらいつから走っていいのか?

と聞かれることはあるでしょう。

 

しかしながら一般的には炎症が収まってからだという認識があると思いますが、

本当にそれでいいのでしょうか?

 

重要なのは、腱障害の病態を知らなくて適切なリハビリを提供できずに、

あなたの患者様は何度となく再発を繰り返してしまうことです。

 

ですので、ぜひ腱障害の病態を理解してみてください。

そうすることでどのように治療を進めればいいのか、

何から始めればいいのかがわかるようになります。

 

ヒントとしては、腱はI型コラーゲンが長軸方向に対して

平行に配列された構造をしており単一方向への引張負荷に耐えるための組織です。

粘弾性であり力学的負荷の速度に応じて粘性や弾性挙動を示すため、

この特性に合わせたリハビリプログラムの作成が必要です。

 

ここが理解できれば、何から始めればいいかがわかるかもしれませんね。

もしわからなければ、

今後エポックオンラインスクールでこのようなお話をする機会があると思いますので、

ぜひ注目してみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【エポックリハビリテーションセミナーで知識をアップデート】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #腱障害 #足底腱膜炎 #スポーツ